FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

9月20日・(風呂ではない)バスの日

9月20日は昭和62(1987)年10月の全国バス事業者大会で制定された「バスの日」です。
2009年からは「いつでも どこでも みんなのバス」を合言葉に全国各地の公営・民間の区別なく日本バス協会に加盟しているバス事業者が色々な記念行事を開催しているようですが、必ずしも9月20日ではなく間近の休日にずらしていることも多いようです。
浜松基地は1989年に統合するまで南北が別の基地だったので主要施設が両地区に分散しており、1周6キロと広大なため私有車を持たない隊員の交通手段の確保が必要不可欠でした(野僧が勤務中にも冬季に自転車で往復した定年直前の隊員が心不全で死亡した)。
このため管理隊の輸送小隊が定期バスを運行していましたが、若い車両輸送員たちは自衛官でありながら民間の観光バスの運転手に憧れるようになり(車力ではトラック野郎だった)、地元のバス会社の「バスの日」のバス試乗会に参加して話を聞いてきた若者=馬鹿者から「管理隊も日本バス協会に加入して基地でも『バスの日』を始めましょう」と言う冗談が出て、総括班長=事務長を兼務していた野僧が地元のバス会社に相談する羽目になりました。地元のバス会社としては航空祭で数万人の乗客を浜松駅から基地内まで往復輸送する臨時バスも大きな収入源になっていたため管理隊総括班長の機嫌を損なうことを避け、担当者は断る前の雑談として色々な無駄知識=トリビアを教えてくれました。
「バスの日」の由来は明治36(1903)年に京都市で福井さんと坪井さんと言う「井」の字の苗字の資産家2人が「二井商会」と言う蒸気自動車を改造した乗合自動車=バス会社を始めた月日です。しかし、このバスは運転手と車掌に乗客の定員が4名と小型だったため利益が上がらず、翌明治37(1904)年の1月には営業を止めています。
一方、「乗客4名ではバスと言うよりもタクシーだ」との異論が出たため明治38(1905)年1月に広島で営業を開始した少し大型の乗合自動車を推薦する意見もあったのですが、こちらもバスの整備不良による運行不順や市内の馬車業者の反発を招いたこともあり9月で営業を止めました。結局、1989年の段階では京都の営業許可書の交付日付しか期日が確定できなかったこともあり、9月20日が「バスの日」になったのです。
ちなみに野僧が受けた説明では公益社団法人である「日本バス協会=NBA」への登録資格はバスによる旅客自動車の営業を行っている事業者であって各都道府県のバス協会(島根県と佐賀県はバス・タクシー協会)が窓口になっているとのことでした。したがって料金を徴収しない自衛隊のバスはスクール・バスやコミュニティー・バスと同列の位置づけになり、日本バス協会に参加できないと言うことでした。
輸送幹部とは言え鉄道と船、飛行機マニアでも車嫌いの野僧としては馬鹿者、元へ若者たちには「大型2種免許が参加資格だ」と嘘ではないものの本当でもない説明を弄して納得させましたが、「趣旨に賛同して」と言う名目を付けて人脈を介して日本バス協会の執行部に申し入れれば特別会員になれた可能性はあったのかも知れません。ただし、それは警備小隊長が本業の総括班長よりも輸送小隊長の仕事でしょう。
スポンサーサイト



  1. 2019/09/20(金) 13:32:31|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振り向けばイエスタディ1680(かなり実話です) | ホーム | 振り向けばイエスタディ1679(夢は実話です)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/5641-4da73929
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)