FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

振り向けばイエスタディ1703

地方協力本部長の職務には公私の時間区分が適用できない。モリヤ佳織1佐は着任以来、香川県知事から市町村の首長に始まり、教育委員会や各学校長、さらに県内の企業などへの挨拶回りに明け暮れている。当然、酒席への誘いもあり、帰宅する時間は善通寺駐屯地の消灯ラッパが鳴り終ってからになる。これは公務と言えば公務だが、接待で飲酒することは自衛官には認められていない。経費も自腹なのだ。
この日、佳織は午後から休暇を取り、志織を出迎えに私有車で高松空港に向かった。私有車はこれまで夫の官舎に置いてあったのだが、交通の便を考えると佳織の方が必要性は高いので香川県まで八王子ナンバーの車を運転してきた。車嫌いの夫は原付バイクを買うらしい。
「マミィ、ただいま」盆・正月の帰省ラッシュ以外は満席にならない高松便から下りてきた志織は制服姿の佳織を見つけると満面の笑顔で歩み寄った。佳織は昼休みまで来客があり、特借マンションまで着替えに帰る余裕がなかったのだ。
「初めての土地でおかえりは変よね。私の所へようこそ」佳織は片手のカバンを受け取ると笑顔で声をかけた。志織とは日本の大型連休の後に祝日分の休暇を取って帰省して以来だが、少し大人びたように感じる。やはり先に夫の官舎で過ごして精神教育を受けたのかも知れない。
「今回、ダディは大失敗してるのよ。私、羽田空港で見つけちゃった」広くはないローカル空港のロビーを歩きながら志織が少し頬を膨らませながら問題を持ち出した。
「どうしたの。ダディの仕事に失敗があるとは思えないけど」「だって高松空港から那覇の直行便があるのよ。那覇で石垣便に乗り換えた方が高松から関西空港に行くより早いじゃない」それは意外な指摘だった。高松から関西国際空港に行くには徳島へ出て淡路島を渡り、神戸経由で大阪湾を周回するルートと瀬戸大橋で岡山へ渡り、新幹線で新大阪へ出て同じルートを辿る二通りがあるが、那覇空港で乗り換えるよりも時間と経費がかかるのは間違いない。
「多分、ダディは石垣空港を起点にして航空券を手配したのよ。梢さんに頼めば間違いはなかったはずだけど、今回は私の転属も重なって混乱してたから仕方ないわね」「梢さんってお義姉さんのお母さんだね」昨夜の志織の質問を受けた時、父は胸の中で佳織が梢に抱いている劣等感を思ったのだが口にしなかった。だから志織にはハワイでの結婚式で会った兄嫁の母以外の認識はない。それでもこの会話で相変わらず夫婦双熱愛なのは確認できた。
「ここが金毘羅さんだよ」高松空港からは西に向かい琴平の金毘羅宮に参った。途中にニュー・レオマ・ワールドがあったが、美恵子が仕事を優先して家庭をかえりみなくなった頃、父と淳之介が2人だけで行った哀しい思い出の場所だとは知らずに素通りした。
「金毘羅船船追い手に帆かけてシュウラシュシュシュ・・・」金毘羅宮の門前に並ぶ駐車場に車を停めて参道に入るとどこからともなくお座敷歌の「金毘羅ふねふね」が聞こえてきた。
「あッ、これは淳ちゃんがお風呂で唄っていた歌だ」志織は立ち止って歌が流れてくる方向を探した。年の差がある淳之介と志織は一緒に風呂に入ることはなかったが、淳之介の唄は父親仕込みの隊歌演習式なので声が響き、外にも良く通っていた。
「淳之介は香川県で育ったからここで覚えたんだよ。これは瀬戸内海の船乗りの歌だから今の仕事の時も鼻歌にしているかもね」佳織の推理に志織も「同感」と言う顔でうなずいた。ここからは長い参道を歩いて行くことになる。両側には土産物の店が並び、前に立っている小母さんたちが声をかけて来るが、佳織の制服を見て何故か絶句していた。
「今度、香川に来られた自衛隊の本部長さんでしょうか」遠くから佳織の姿を確認して心の準備をしていた小母さんが声をかけてきた。言葉遣いは妙にあらたまっている。
「はい、8月1日付で香川地方連絡本部長に着任しました」「新聞とテレビで見ましたよ。本物の方が美人ですね」この台詞は挨拶回りの時も冒頭の常套句になっている。久里浜の官舎に引越し準備を手伝いに来た夫が冗談めかして口にしていた「スター扱い」が現実になっているようだ。すると周囲の店の小母さんたちも好奇心丸出しの顔で集って来て、志織はそれを興味深そうに観察していた。これは日本人の国民性の標本ではある。
「やっぱり自衛隊さんは金毘羅さんにお参りするんですね。昔の海軍の守り神でしたから」最長老の小母さんが意外な説明をしてくれた。金毘羅宮は瀬戸内航路の船乗りや漁師たちだけでなく海賊と呼ばれた水軍の守護神でもあった。このため戦前の帝国海軍から海上自衛隊まで戦没者・殉職者の慰霊祭が催されており、昭和25年10月17日に朝鮮戦争での掃海中に戦死した海上警備隊員の慰霊碑もある。おそらく地本本部長も列席するはずだ。
「だったら淳ちゃんと私のお守りを買ってかなくちゃッ。人間の限界を超えたら佛様に任せるんだもん」これは父の教えだが金刀比羅宮は明治の廃佛毀釋で神社になってしまっている。
スポンサーサイト



  1. 2019/10/14(月) 12:53:27|
  2. 夜の連続小説8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<400勝298敗の大投手・金慶弘=金田正一さんの逝去を悼む。 | ホーム | 10月14日・沖縄出身の共産党指導者・徳田球一の命日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/5689-f2081ff4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)