FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

12月10日・笹山幸俊神戸市長が餓鬼道に堕ちた。

2011年の明日12月10日に阪神淡路大震災発生時の笹山幸俊神戸市長が餓鬼道に堕ちました(この記事の大半は神戸市民や派遣隊員からの伝聞情報です)。
主に社会民主党と共産党を支持母体とする笹山市長は2期目だった1995年1月17日に発生した阪神淡路大震災ではNHKのニュース報道を見て時間を過ごしていた社民党の村山富市首相や自治労の職員に振り回されていた貝原俊民兵庫県知事と連携して自衛隊の災害派遣を妨害し、息がかかった学者に「80パーセント以上は圧死」と発表させているものの逆の立場の学者は「救助の遅れによる出血や感染症が原因」と指摘している数千人の犠牲者を出しました。
午前5時46分の発生から4時間以上、午前9時5分に国土庁防災局が兵庫県に対して自衛隊への派遣要請を通達してから1時間弱が経過していた午前10時に兵庫県から正式な災害派遣要請を受けて出動した自衛隊は(各市町村から直接の派遣要請は殺到していた)神戸市に向かってはみたものの指揮所の開設場所や宿営地が全く通知されず、交通網が寸断されて大渋滞が発生していたから決定が間に合ったようなもので下手すれば直接、被災地に駐車しての作業になるところでした。この方法は航空自衛隊の得意技ですが(奥尻島への津波で実施している)、陸上自衛隊は順序立てなければ機能しないのです。
この時、神戸市では日教組と自治労が自衛隊の派遣に反対しており、神戸市立の小中学校と高校を自衛隊に使用させることを拒否していたそうです。その後も国や県の命令を受けて自衛隊に使用させても校舎への立ち入りを拒否し(名目上は建物内の避難者との混雑を避けるため)、水道は水タンクで運搬、トイレも仮設式を用意させたそうです。また呉基地から緊急物資を満載して到着した海上自衛隊の艦艇の神戸港への入港を拒否して姫路港に回航させ、そこで陸揚げした荷物を車両で運搬させる妨害を加えました。海上自衛隊は艦艇の浴室を被災者に開放する予定だったそうですがこれも頓挫したのです。
こうして国から県、市に至るまで初動対処は完全に失敗しましたが、自衛隊が不眠不休で救助と復興に取り組み始めると市民の間から神戸市や兵庫県の非協力的な態度に批判が湧き起こり、中でも校庭に宿営させている自衛隊を監視していた日教組の教員たちはその真摯な態度と規律正しい行動に感銘を受け、次第に態度を改めていったようです。
最終的には村山首相から抜擢された自民党建設族の大物・小里貞利震災対策担当大臣が事実上の陣頭指揮を執って復興事業を軌道に乗せたのですが、笹山市長は国の災害復興のための特別予算を1期、2期の目玉事業にしていた都市建設に使うことを策謀し、それを巧みに市民に広報して3期目への布石にしたと言われています。現在も神戸市の震災に関連する展示施設には自衛隊に関する写真や資料は殆どなく、逆に笹山市長は復興事業の推進者として大々的に喧伝されています。
佛教では自分の考えに執着して他人を犠牲にすることを顧みない者は餓鬼道に堕ちるとされています。笹山市長は間違いなく餓鬼道逝きでしょう。また県知事としての落ち度を自衛隊の責任にして恥じない(派遣要請の遅れを自衛隊が連絡を怠ったことが原因とした)貝原知事は人を傷つけることを専らとする修羅道がお似合いです。
スポンサーサイト



  1. 2019/12/09(月) 13:01:04|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振り向けばイエスタディ1760 | ホーム | 振り向けばイエスタディ1759>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/5811-7ce8253b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)