FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

振り向けばイエスタディ1760

中国語教室の授業は会話が中心で記述と読解については旅行者が台湾や香港、マカオで書類に記入するのに使う専門用語の解説と手紙の書き方、読み方くらいだ。
「メイファイスー(美恵子)は繁字体をあまり知らないな。日本人も漢字と名づけて勝手に使っているだろう」最近は会話の時間には張り切っている美恵子も記述の授業では黙り込んでいる。元来が勉強嫌いな上、読書をする趣味がないので漢字は苦手なのだ。
「繁字体は日本の漢字の原形だから見れば判るだろう。本来は使用料を我が国に払ってもらいたいくらいだ」会話の教師とは違い記述の教師は口調も厳しい。美恵子は小学校から高校まで教師に同じことを言われ続けてきたような気がする。姉たちは読書が好きで3姉妹共同の勉強部屋の本棚には文学作品の文庫本が詰め込まれていて、2人は読んだ本の感想を楽しそうに語り合っていた。別室の松真は歴史書が専門だが、こちらも本棚に並んだ背表紙を見ただけで虫唾が走った。何よりも前々夫のモリヤは坊主が趣味で、中国語(漢文だ)の経典を自分で訓読に訳してノートに書き溜めていた。モリヤはそれを美恵子に押しつけなかったが、気持ちが冷めるに従って、かえって馬鹿にされているような気分になっていった。それが知的な趣味を持たない遊び人の前夫・矢田に惹かれた理由でもある。
「君は香港やマカオに理髪店を開くつもりだそうだね。会話の進歩は素晴らしいと評判だから記述と読解は必要な書類を確認して記入できて、知人に葉書を書ける程度には学びなさい。文字も無理に繁字体を憶えなくても日本の常用漢字は共産党中国の簡字体よりは正しい形を残しているからそれで学ぶことだ」黙ってしまった美恵子を激励するように教師は適切な助言を与えた。確かに共産党中国の簡字体は文化大革命的発想で文字を音と意味だけを表示する単なる記号と考えて原形を留めないくらいに破壊している。日本の大学生の中には入学時の外国語の選択で「中国語なら漢字だから文字は判る」と安易に考えて中国語にする者もいるらしいが、教科書を開いて部首のような文字ばかりが並んでいるのを見て愕然とすることになる。実はモリヤもその1人だった。
「台湾華語(=台湾の中国語)での手紙は冒頭に相手の名前を書きます。その点は日本とは逆ですね」中休みが終わって教師は授業を再開した。続きは手紙の書き方だ。北京語では文字の読みをピンインと呼ぶ発音記号で表記するが台湾語では用いない。その代わりに注音符号、母音の羅列でボポモフォとも言う37文字の発音記号で記述するが美恵子は片仮名にしている。微妙な発音の違いは耳で修正しているが、それで通じれば結構だ。
「アイツは辞書を引きながら英語や中国語の本を読んでたけど、何が楽しかったんだろう」午後から始まって会話と記述、読解の授業が終えれば夕方になる。美恵子はアルバイト先の中華料理店に向かって歩きながらモリヤとの生活を思い出していた。防府へ転属してからのモリヤは学生教育を担当していない時期には家でも勉強に励んでおり、基地の売店で専門書を注文して入手すると絶え間なく読破していたが、中には海外の原書もあり、使い過ぎてボロボロになった英和辞典を引きながら翻訳してノートに書き留めていた。それに疲れると今度は漢和辞典を引きながらの経典になった。その横でファッションやヘアモードの雑誌を読んでいる自分が馬鹿に思えてきた。美恵子が足元に転がっていた空き缶を蹴ると飛んでいって歩道に落ちて高い金属音が響き、通行人たちが振り返った。
「やっぱり矢田の方が好きだな。あんな奴に騙された私は馬鹿だったってことだね」美恵子にかかれば自分が勝手に惚れた結婚での失敗も騙されたことになるらしい。美恵子は空き缶に追いつくと道路脇に蹴り直し、立ち止まって鼻息を噴いた。
「自分の娘が酷い目に遭わされてるのにウチの親はどうして私を責めるのよ。こんなんじゃあ早く香港に行くしかないじゃない」美恵子は玉城家の両親や姉弟から生活態度を改めるように説教された時、淳之介の義母になったモリヤの元恋人と比較されたが、そんな女性がいながら自分と交際したモリヤも矢田に走った自分と同罪だと思っていた。今の美恵子にとってはモリヤが住む本土は言うまでもなく故郷である沖縄も全てが疎ましく嫌悪の対象でしかない。そこから逃れるためには台湾語を習得して香港に移住することが唯一の方法だ。
「チュヂェアジンヂー」美恵子は道端に立っている「駐車禁止」の看板を中国語で読んでみた。生まれつき身につけていた理容師としての天才的センスと磨いてきた技量を世界的大都会の香港で発揮できる。それは理容師として働く機会を奪ったモリヤや沖縄の理容業界に対する復讐であり、その才能と努力を認めない両親と姉弟を見返す反抗でもある。
「ファンニングァンリン(いらっしゃいませ)」中華料理店に着いてエプロンをかけると美恵子はいつもに増して溌剌と働き始めた。そんな美恵子を「魅力的だ」と思うのは危ない。
ん7・岡田奈々イメージ画像
スポンサーサイト



  1. 2019/12/10(火) 13:13:24|
  2. 夜の連続小説8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振り向けばイエスタディ1761 | ホーム | 12月10日・笹山幸俊神戸市長が餓鬼道に堕ちた。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/5812-d33f1086
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)