fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

3月14日・睦仁さんが五カ条の御誓文を誓った。

江戸で無血開城が決定した翌日の1868(慶応4)年の明日3月14日に間もなく明治天皇(当時は今上さん)になる睦仁さんが京都御所紫宸殿で五箇条の御誓文を誓いました。
1、広く会議を興し万機公論に決すべし
1、上下心を一にして盛に経綸を行うべし
1、官武一途庶民に至る迄各其志を遂げ人心をして倦まさらしめん事を要す
1、旧来の陋習を破り天地の公道に基くべし
1、智識を世界に求め大に皇基を振起すべし
と言う内容ですが、第2次世界大戦後に行われた昭和天皇の人間宣言でも全文が踏襲されています。
一方、左翼勢力はこのことを「明治時代から日本が民主主義国家であったと言う欺瞞である」と批判し、野僧も高校の国語と日本史の授業でそう習いました。
しかし、まだ江戸と京都の間に電信も通じていなかったのに、このタイミングであることは歴史上の奇跡に近く出来過ぎです。
  1. 2013/03/13(水) 09:18:07|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<3月16日・栗林忠道中将が訣別電報を打電した。 | ホーム | 3月13日・勝海舟と西郷南洲の会見>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/584-5175e2bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)