FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

振り向けばイエスタディ1792

結局、北朝鮮は国家の最高指導者・国防委員長・軍最高司令官・党書記長=百戦百勝の鋼鉄の霊将である金正日の死を12月19日正午になって公式発表した。平壌とニューヨークの時差も14時間なので夜の10時だったが、通常は現地時間午後5時から始まる北朝鮮の国営放送が午前9時と10時、10時半、11時半に「正午から特別番組を放送する」と予告していたため全員が職場に残ってインターネット放送の画面を注視していた。
「列車で平壌郊外へ視察に向かう途中で倒れて死亡したことにしたのか」北朝鮮の見慣れた小母さんのアナウンサーが語り始めた説明に全員が同じ相槌を打った。小母さんアナウンサーは金日成の時と同じく黒のチマチョゴリの喪服を着ている。
「死因は急性心筋梗塞かァ、美食家みたいだからコレストロール値が高かったんですね」小母さんアナウンサーが声を詰まらせたところで本間が妙な合いの手を入れた。
「視察に向かう途中の急死であれば最期まで職務を全うしていたことになる。国家と党、人民に対する自己犠牲だったと言いたい訳だ」工藤も冷めた見解を示した。
「杉村(岡倉の偽名)によると韓国軍でも列車内の急死と平壌市内の娘の家で倒れたと言う2つの情報があったようです」画面の小母さんのアナウンサーが「多くの難問を解決するために休む暇もなく働き続けたことが身心の負担になり、健康を損なっていった」と涙を流しながら熱弁をふるい始めると杉本は会話を業務に切り替えた。
「列車内での急死は今回の発表を裏付けるための情報操作の可能性が高いな」「韓国軍に傍受されていることを前提にしているんですね」工藤と本間の反応に杉本もうなずいた。
「杉村の話では韓国の潜入諜報員は金正日の専用列車が平壌市内の格納庫内にあることを確認しているそうです」「珍しく情報保全が不徹底だな」「やはり混乱していたんですね」岡倉が抜けていると本間が工藤の相方になる。夫婦漫才にしては歳の差が大きいが工藤は本間と同世代のジェニファーとの間に子供を儲けたからおかしくはない。
「それから当初は停止させられた列車を銃撃されて死亡したクーデターと言う噂が流れたようです」「毎度のことながら念の入ったことだ」杉本の補足説明に工藤は半ば呆れ、半ば白けて苦笑した。すると本間が意外に鋭い可能性を指摘した。
「ディズニーランド好きの長男はマカオ在住でしたよね。弟2人が政権奪取を狙ってクーデターを起こすなら長男の不在中でしょう。弟たちの母親は金正日のお気に入りだったって杉本さんも言っていたじゃあないですか」本間は長男の金正男が東京ディズニーランドへ行こうと密入国した頃には日本にいたためこの印象が強いようだ。日本史でもお気に入りの弟に家督を継がせるため嫡男を廃したお家騒動は珍しくないが、息子が父親を殺して地位を奪った話は聞いたことがない。強いて言えば武田信玄だが、あれは父親の追放だった。
「娘の家で倒れたと言う情報は前夜の8時過ぎに流れた北朝鮮当局者の業務連絡で、医師が平壌市内の32号招待所に招集さたんだそうです。その後、医師が医師の診断結果などは流れなかったようなので冷静に保全処置したんでしょう」どうやらこちらが真相のようだ。すると工藤の秘密業務専用のスマートホンで諸西将補からの着信音が鳴った。
「はい、全員で見ました。はい、その後は杉村からの情報は届いていません。はい、こちらとしては娘の自宅で倒れ、平壌市内の32号招待所で死亡が確認された可能性が高いと判断しています。はい、はい・・・」工藤の返事が次第に勝ち誇ったような口調になっていった。ここで杉本が本間にコーヒーを出すように指示し、それを運んできた時、電話は終わった。
「外務省ではソウルの大使館を含めて今回の事態を全く把握していなかったそうだ」こうなると在韓国の日本大使館は行政府や軍から個人的に情報を入手する人脈を持っていないことになるが、ソウルの大使館では12月14日の従軍慰安婦少女像の設置以降、正門前は反日団体によって封鎖されており、機能停止に陥っていても不思議はない。
「それで閣下は大使に情報提供されたんですか」「そこはハッキリ言われないが、情報源を説明できない以上、噂の類として伝えたんだろう」コーヒーを出した本間の質問に工藤は軽い笑顔を向けて答えた。諸西将補も大使館からの通信は外務省の所管のため、統合幕僚監部への直接連絡にはアメリカ軍の通信網を利用するしかなく、どちらにしても内容は漏洩することになる。現場とは違う意味で難しい立場なのだ。
「李明博大統領は訪日中ではありませんか。明日、京都で野畑首相と会談するはずでしょう」コーヒーを飲んで目が覚めたらしい杉本が唐突に思い出した。李明博大統領は大阪の在日韓国人の息子なので帰郷のようだが、そこで味わった困窮と迫害が反日感情の根源と言われているので友好的な会談になるとは思えない。外務省は完全に機能=思考停止しているらしい。
スポンサーサイト



  1. 2020/01/11(土) 12:57:21|
  2. 夜の連続小説8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振り向けばイエスタディ1793 | ホーム | 振り向けばイエスタディ1791>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/5881-9de74ffa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)