FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

振り向けばイエスタディ1815

後段休暇で新年も1月2日の月曜日から出勤して年明け早々に再開するイージス艦と漁船の衝突事故の2審の準備をしていた私は思いがけない相談を受けて深刻に頭を悩ましてしまった。私は陸海空の部内限定で「法律相談所」を開設していることを周知しているのだが、その法務官室専用のアドレスにWACの士長からの相談のメールが届いたのだ。
「陸上幕僚監部法律相談所の弁護士先生へ。私、どうしたら良いでしょう」メールなので文字は規格品だが、自筆なら可愛い文字が並んでいそうな文面を読んで、「ここにアクセスして下さい」と指示してきたサイトを検索してみた。
「何だこれは・・・ゴクリ」それは男女の性交シーンを専門に取り扱っているサイトで、「俺をふった生意気女に復讐公開」と言う題名で若い女性の裸身と性器、乳房を揉む愛撫、性交に入る一部始終、快楽に溺れる顔の画像が掲示してあった。私も使用不能になった男性機能の復活を願ってこの手のサイトを覗かない訳ではないが、犯罪臭がする投稿は好みではない。
「東京へ行った元カノを久しぶりに抱いたら『これで最後』と言われた。東京で男ができたらしい。高校時代からやりまくった女を手放す記念に寂しい仲間たちにもオカズを提供します。好い女だろう」画像に前に書き込んである文章を読んで経緯が判った。要するに田舎出身のこのWACは年末年始休暇で帰省して高校時代の恋人に抱かれた後、別れを告げたようだ。おまけに別れの理由を「新しい恋人ができた」と馬鹿正直に説明したため恨みを買ったらしい。男は嫌がらせとしてこの猥褻な画像をインターネットで公開したようだが、おそらくWACはインターネットに投稿したことを知らされ、帰隊してこのアドレスを調べてメールを打ってきたのだろう。それにしても新しい恋人がいながら昔の男に抱かれるこのWACの貞操観念には首を傾げてしまう。あの美恵子でさえ矢田と肉体関係を持ってからは私との接触を拒んでいた。
「この画像は最後に抱かれた時のものかな」運よく二村事務官は出勤していないので一般的には猥褻画像に分類される証拠の写真を詳細に分析してみると始めに下着を脱がしている場面のベッドの下にセーラー服があった。つまり保存していた高校時代の写真を悪用したようだ。
久居で安川2士が5月の連休で帰省して高校の後輩の聡美と肉体関係を持ったことを高校教師の両親が淫行として告発すると言ってきた時、「入隊する前に撮った」と言うヌードと性交中の写真を見たことがあるが、淳之介よりも少し上の世代は親が70年安保で荒(すさ)んだ青春を送っていただけに何かが違うようだ。私たちの世代なら顔写真を見ながら頭の中でヌードにして抱く妄想を映像化できたものだが、頭脳の機能が低下しているのかも知れない。
私としては「自業自得」として突き離したいところだが法律相談所として部内に回覧・周知している以上、冷たい対応はできない。取り敢えず返事を打つことにした。
「相談のメールを読みました。恥ずかしい思いに耐えて証拠の画像を知らせてくれたことに感謝します。おそらく貴女としては記事の削除と精神的慰謝料の請求などを期待しているのかも知れませんが、日本のインターネットの規制は急激な発達に法整備が追いついておらず、マスコミも表現や報道の自由を盾に批判的な主張をしているため不可能です。現在の投稿記事を読む限り、貴女の身元を特定できる個人情報は含まれていないようなので放置するしかないでしょう。化粧に上達して雰囲気を変えるのが現実的な対策です。私としてもサイトの管理者に要望はしてみますが自主投稿は著作権として保護されるため投稿者が自発的に削除しない限り、取り消しは難しいと思います。今後は不用意にこのような画像を撮影させないように気をつけて下さい」返事が長くなったが、2012年当時のインターネットへの投稿は野放し状態であり、リベンジ・ポルノを禁止する『私事性的画像提供等による被害を防止に関する法律』が制定されたのは2013年10月8日の三鷹ストーカー事件の犯人が美少女タレントだった被害者の性的画像を投稿したことが社会問題化してからだ。
「そう言えば梢が結婚したのも酔い潰されて撮られたヌード写真で脅されたんだったな」再会を果たした時、梢から同じ旅行社の社員だった谷茶(たんちゃ)と結婚した経緯を聞いたことがあるが、会社の宴会で私との別離を慰めるように酒を大量に飲まされて意識を失ったままアパートに運ばれて強姦された上、ヌード写真を撮られてしまったのだ。それでも梢は結婚後に写真とネガを焼却しているので同様の被害に遭う可能性は低い。
「次は何だ」猥褻画像のサイトに弁護士の肩書で記事の削除を要望するメールを送るため関係法令を下調べしていると次のメールが届いた。これだけ利用者がいれば後段休暇も無駄ではない。
「王茂雄2佐って王中校のことか。何で台湾陸軍がこのアドレスを知ってるんだ」着信を開くとそれは中華民国陸軍第6軍団指揮部の法務官・王茂雄中校からの「1月下旬に訪日するので会いたい」との予約連絡だった。中でも「キャンプ座間に寄る」と言う予定に興味が湧いた。
スポンサーサイト



  1. 2020/02/03(月) 13:52:43|
  2. 夜の連続小説8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2月4日・赤化教員の大規模摘発=2・4事件が始まった。 | ホーム | 振り向けばイエスタディ1814>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/5928-e46d7757
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)