FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

2月4日・カーペンターズの妹・カレンの命日

1983年の2月4日は1970年代のアメリカの音楽界で中心的な役割を果たしていた兄妹のグループ・カーペンターズでボーカルとドラムスを担当していた妹・カレン・カーペンターさんの命日です。誕生日=3月4日の1ヶ月前の32歳でした。
野僧の中学時代には「カーペンターズは正確な英語で唄っているので、聴けばヒヤリング、唄えばアクセントとイントネーション、正しい発音が身につく」と言われていて、野僧もレコードを集めて練習していました。その成果は中学から大学を飛び越して航空自衛隊に入り、沖縄に赴任してアメリカ軍の軍人たちと交流する時に発揮されましたが、中でもアラスカ人の彼女は家でもアメリカン・ポップス好きの父がカーペンターズのレコードも聞いていたため野僧のカーペンターズ式の発音は大いに役立ちました。ただし、大ヒット曲の1つ「プリーズ・ミスター・ポストマン」はイギリスのビートルズの曲のカバーなので「アメリカでは郵便配達員はメイルマンと呼ぶんだよ」と修正されてしまいました。
野僧の中学時代はカーペンターズのアメリカ国内でのレコード売り上げがビートルズに次いで2位だったこともあり雑誌などでは比較されることが多く、ファンも請け売りで口論していたのですが、ロック、ポップスの勃興期に登場して頂点に上り詰めたビートルズとジャズ、ロックに続きラップなどのアフリカ的音楽が流行し始めていたアメリカの音楽界を10年にわたり正統なポップスで牽引したカーペンターズでは比較対象とすること自体に無理がありました。
カーペンターズ兄妹は兄のリチャード・リン(正しくはリンがつく)さんが1946年、カレンさんは1950年にコネチカット州でカラープレス工の子供として生まれています。
イギリス人の教会の牧師の息子の父は大の音楽好きだったので家には膨大なレコードがあり、リチャード・リンさんは地下室のステレオで聴きながら過ごすようになって、やがてピアノを始めて芸術家肌の内向的な性格になっていきました。一方、カレンさんは母親似らしく活発に屋外で遊ぶお転婆娘だったのですが、地下室に籠っている息子を心配した父がブランコをつけたため一緒に遊ぶ間に音楽にも目覚めたようです。
リチャード・リンさんが音楽の才能を発揮するようになると両親は1963年にアメリカの大衆芸術の発信源であるハリウッドに近いカリフォルニア州ロサンゼルスに転居し、ここでリチャード・リンさんがデビューの切っ掛けを掴み、そのグループに高校のブラスバンド部でドラムの腕を磨いていたカレンさんも加わり、最終的にカーペンターズの形が完成したのです。
野僧は今でも愛聴していますが、「トップ・オブ・ザ・カーペンターズ」と訊かれても優劣つけ難く「オール・ソングス・フォー・ユー」と答えるしかありません(「」内はヒット曲の洒落ですが判りますか?)。
カレンさんは1980年に30歳で人目惚れした不動産業者と結婚しましたが、夫から「太った」と言われたことで下剤や嘔吐剤を大量服用するようになり、やがては神経性無食欲症=拒食症に陥って心臓機能が衰弱していたところに心理カウンセリングの効果で急激に食欲が戻ったことに心臓が耐え切れず、自宅で心肺機能停止状態で発見されました。
スポンサーサイト



  1. 2020/02/04(火) 13:17:00|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振り向けばイエスタディ1817 | ホーム | 振り向けばイエスタディ1816>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/5932-2ff11cae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)