FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

2月21日・フィンランド空軍の撃墜王・ユーティライエネン准尉の命日

1999年の明日2月21日はフィンランドがソ連の侵攻を受けた冬戦争と継続戦争で437回出撃して単独で94機、6機編隊で2機を撃墜しながら主翼にかすって塗装が剥がれた以外は被弾しなかった無傷の撃墜王・エイノ・イルマリ・ユーティライエネン准尉の誕生日の命日です。85歳でした。
冬戦争から同盟破棄によってナチス・ドイツを駆逐し、逆襲を撥ね退けたラップランド戦争までの地上戦を指揮した軍神・アールネ・エドヴァルド・ユーティライネン大尉は10歳年上の実兄で、准尉自身は「フランス外人部隊に従軍していた頃に送ってくれたレッド・バロン=アンフレート・フォン・リヒトホーフェン大尉の回顧録を読んだことで航空兵を志望するようになった」と述べています。
ユーティライネン准尉は1914年に1917年まで帝政ロシア領だったフィンランド大公国のヴィーブリ州で生まれました。航空機の操縦を修得した経緯は不明ですが、おそらく兄の支援を受けながら志望を実現していったのでしょう。
1935年に偵察機要員として空軍に招集されると戦闘機への転換教育を経て1939年3月にオランダ製で空冷式のフィンランド空軍は42機(=オランダ本国よりも10機多い)を保有していたフォッカーD.XXⅠ(最高速度395キロ、武装7.92ミリ機関銃×4)の部隊に配属されました。すると11月30日に冬戦争が勃発し、12月19日の初陣ではソ連軍のイリューシン爆撃機1機を撃墜しました。それからは兄が地上戦を指揮していた国境付近のラドガ湖の上空で空中戦を繰り広げ、115回出撃して単独で2機、6機編隊で1機を撃墜しています(大戦初期のソ連軍の主力戦闘機=ポリカルポフI16は最高速度525キロ、武装7.62ミリ機関銃×2と20ミリ機関砲×2)。
冬戦争が停戦になるとフィンランド空軍はアメリカ海軍の艦載機・F2A(最高速度484キロ、武装12.7ミリ機関銃×4)を導入したため再び機種転換し、1941年6月に継続戦争が始まると1942年末までに単独で34機を撃墜しました。さらに1944年にナチス・ドイツから名機・メッサーシュミットBf109(最高速度621キロ、武装20ミリ機関銃×3と13ミリ機関銃×2)が供与されるとエリート・パイロットを集めた精鋭部隊が編成され、ユーティライネン准尉もその一員として撃墜数を急増させ、58機を撃墜しました(同前=ミグ3は最高速度640キロ、武装12.7ミリ機関銃×1、7.62ミリ機関銃×2)。もう1つ、ユーティライネン准尉は継続戦争の停戦が発効する直前にソ連軍の輸送機を撃墜してフィンランド空軍として最後の戦果も上げています。
ユーティライネン准尉はフィンランドの軍人として最高位の勲章を2度受けている英雄ですが、士官となって部隊を指揮するように勧められても「前線で自由に戦うことができなくなる」と断り続け、1947年に准尉として退役しました。
退役後は恩給と空軍の中古の軽飛行機を譲り受けての遊覧飛行で生計を立てていましたが、長男は父の跡を継いで空軍に入営したものの飛行訓練中の墜落事故で殉職し、次男は海洋画家になっています。(偶然とは言え明日に続く)
スポンサーサイト



  1. 2020/02/20(木) 11:30:34|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振り向けばイエスタディ1832 | ホーム | 振り向けばイエスタディ1831>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/5965-1a1648b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)