FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

振り向けばイエスタディ1863

オランダでの梢との生活が昔のリズムを取り戻して自然になってきた頃、2人で晩餐を楽しんでいると固定電話が鳴った。するとリビングに向かって座っている梢が立ち上がった。
「ハロウ。あら、志織ちゃん」最近、梢は電話にオランダ語で出るので挨拶が少し重い。それでも後半は一気に軽くなった。どうやらハワイの志織かららしい。
「うん、楽しくやってるよ」「うんうん、お互いに20歳過ぎの頃に戻ったみたい」「はい、とっても幸せです」志織からの電話なら私に用件がありそうだが、梢が談笑を始めてしまった。それにしても実の娘の志織が父親が一緒に暮らし始めた元カノの梢と親しく話しても良いものなのだろうか。尤も梢は兄の義母だから単なる元カノよりも関係は少し深い。
「ふーん、志織ちゃんもオランダに来たことがあるんだ」「へーッ、ミッフィーの街かァ。今度2人で行ってみよう」この調子では料理が冷める前に食べておいた方が正解な気がしてくる。今日の料理は素麺の代わりに極細パスタを使ったパスタ・チャンプルだ。沖縄風味のナポリタンのようでもあるが、やはりソーメン・チャンプルの方が近い。
「それじゃあお父さんに代わるね」パスタ・チャンプルを食べてパンを千切って口に入れようとしたところで梢が談笑を終えた。私はマグカップの牛乳を飲んでから受話器を受け取った。
「ダディ、新入隊員必携と自衛隊用語対訳集をありがとう」この第1声で用件は了解した。オランダに出発する前に日本から送った陸上自衛隊の新隊員必携=いわゆる赤本と自衛隊用語の和英辞典のお礼らしい。考えてみれば2人で過ごす幸せな気分のままシャワー、ベットに入るので志織だけでなく沖縄の淳之介やあかり、四国の佳織に電話をしていなかった。勿論、梢は私が出勤した後に8時間の時差を調整して沖縄に電話をかけているようだが、志織は11時間と昼夜が逆転していることもあり電話できなかったのだ。
「あの本、私が貰ってしまって大丈夫なの。自衛隊の秘密みたいなことが一杯書いてあるじゃない」最初の質問は保全からだ。確かに自衛隊用語対訳集は兎も角として新入隊員必携には基本教練から射撃、戦闘動作、歩哨、徒手格闘、銃剣格闘、さらに89式小銃の分解結合まで新入隊員課程で習う内容が詳細に記載されている。
「あれは駐屯地の売店で買ったんだから秘密指定はされてないよ。お父さんは沖縄でアメリカ軍版を買って研究したからアメリカ軍でも同様だろう。それでも一般人の目に触れさせるのは好ましくないな。志織個人の勉強に使って家から持ち出さないようにしてくれ」これは郵送した時に挟んでおいた注意書きの再確認だ。
「うん、そうしてるよ。でも大学のROTC(予備士官訓練課程)で習う動作と違うところが多くて家で練習していったのが役に立たなかったわ」流石の我が娘・志織は新入隊員必携で予習して個人的に事前訓練も実施したようだ。
「基本教練の回れ右1つ取ってもアメリカ軍は2動作、自衛隊は3動作だから全然違うだろう。アメリカ軍には10度と45度の敬礼はないしな」「うん、自衛隊は両踵を支点にするけどアメリカ軍は左踵と右爪先だから困っちゃった。だからグラダディに教えてもらったんだ」言われてみれば志織が暮らしているノザキ家には軍人の祖父がいるのだから始めから教官を依頼すれば良かったのだ。急な移動で多忙だったとは言え自分の迂闊さに苦笑してしまった。
「今のところは基本教練だろうけど地上戦闘や射撃が始まると動作が違うから益々混乱してしまうぞ。お祖父さんに習った方が良いな」地上戦闘の「その場に伏せ」の動作も、自衛隊では帝国陸軍の全長127.5センチの30式歩兵銃を携行しての柔道の横受け身のような動作を頑なに守っているが、アメリカ軍は銃口に異物が入らないように上に向けながら下半身からしゃがむように倒れ込み、身体を銃床で支えて寝射ちの姿勢に移行する。実は自衛隊でもM1ライフルやM1カービンの頃にはアメリカ軍式を採用していたのだが、64式小銃が銃床への衝撃で暴発する欠陥が露呈したため帝国陸軍出身者が勿怪(もっけ)の幸いと「安全対策」の名目で復活させたのだ。白兵戦が廃れた第2次世界大戦の時点で万歳突撃の自殺手段に成り下がっていた銃剣道を自衛隊に持ち込んで銃剣格闘や徒手格闘の訓練を阻害させたのも帝国陸軍出身者だ。私は戦後の日本で蔓延している日米開戦に反対した海軍は正しく、日独伊三国軍事同盟を進めた陸軍は悪と言う単純で表層的な歴史観に与するつもりはないが、日露戦争で帝国陸軍は何かを間違えてしまったのは確かであり、それが陸上自衛隊に悪しき影響及ぼしているのは組織の一員として許し難い。
「でも夏休みや冬休みには野外での演習も始まるからダディに教えてもらうことが一杯出てくるわ。私は海軍要員のミジップマンだけどROTCの間は陸海空海兵隊も大差ないみたい」前川原の一般(部外)課程は白紙からだったが、アメリカの士官候補生課程は仕上げのようだ。
スポンサーサイト



  1. 2020/03/23(月) 12:25:20|
  2. 夜の連続小説8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振り向けばイエスタディ1864 | ホーム | 3月22日・湯口事件=読売巨人軍の湯口敏彦投手の命日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/6031-d886b17f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)