fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

3月23日・鎌倉の大佛の建立開始

1238(嘉禎4・暦仁1)年の明日3月23日に僧・淨光が鎌倉の大佛の建立を始めました。と吾妻鏡に記述があります。
当時の執権は北条泰時で淨光の勧進に賛同しましたが、開眼は5年後の1243(寛元1)年6月11日なので逝去の半年後でした。
建立当時は木造の大佛で大佛殿もあったのですが暴風で倒壊したため、1252(建長4)年に高さ12・38メートルの金属製になりました(奈良の大佛は台座を含め高さ18メートルです)。
この時、大佛殿も建て直されたのですが、1335(建武2)年、1369(志安2)年にも暴風で倒壊し、1495(明応4)年の大津波で倒壊してからは再建されず露天の大佛になってしまい、このため屋内の奈良の大佛に比べ実寸よりも小柄に見えます。
奈良の大佛は盧舎那佛(=大日如来)、東大寺は華厳宗ですが、鎌倉は阿弥陀佛で高徳院は浄土宗です。
歌人・与謝野晶子は「鎌倉や 御佛なれど 釋迦牟尼は 美男におはず 夏木立かな」と詠んでいますが、うがった読み方をすれば「鎌倉の阿弥陀は御佛と言ってもブ男だなァ、釋迦牟尼の方が美男だよ」になりませんか?それでもお参りする時は「南無阿弥陀佛」です、念のため。
ここからは完全な余談です。
野僧はWAVE(海上自衛隊の女性自衛官)さんと一緒に鎌倉の大佛さんへ拜観に行ったのですが、帰りに海岸を歩いていると夕陽が海に落ちて、イキナリ「パーパーパンパンパー」とラッパを口ずさみながら敬礼をしました。海上自衛隊の国旗降下は日没時なのでその習慣だったのでしょう。街ではパチンコ屋の前で「守るも攻むるも黒金の」と唄い出すし、黒猫を飼えば「ヤマト(大和)」と名付けるし、本当に面白い(可愛い)娘でした。イカスミ・スバゲティを食べてお歯黒になった顔が忘れられません。
え・末木2士無断使用スミマセン
  1. 2013/03/22(金) 09:03:08|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<3月24日・壇ノ浦の合戦 | ホーム | 3月21日・弘法大師忌>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/604-5ff10800
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)