FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

振り向けばイエスタディ1869

「何だ、モリヤくんからかァ」山口県防府市の田沼元准尉=和尚のアパートに国際郵便の葉書が届いた。今日は広島と島根の県境の山村にある自分の寺から帰ってきたところだ。郵便受けには宛名側が上になって入っていたので困惑しながら取り出したが、裏を見れば日本文でローマ字を読むと旧知の僧兵仲間のモリヤ・ニンジンなのが判った。
「オランダに転属したのかァ。やっぱり只者じゃあないな」アパートの玄関の前で速読すると文面は「10月1日付でオランダのスフラーフェン・ハーブにある国際刑事裁判所の次席検事として赴任しました」だけで、上半分には机の向うの書棚に祀った立ち阿弥陀像(後背の形から言えば浄土宗)の前で合掌している男女の写真が印刷してある。田沼和尚は佳織を知らないのでモリヤの隣りが元カノの梢とは思わなかった。
「本尊さんの両脇は観音さんと地蔵さん、もう一体は・・・。モリヤくんは浄土宗に宗旨替えしたはずだけど一向専一じゃあなくても良いのかな」田沼和尚は片手で鍵を開け、ドアを開けながら写真を観察した。浄土真宗では浄土三部経でも阿弥陀如来と共に衆生済度に活躍する観世音菩薩、大勢至菩薩を否定して阿弥陀への一向専一を説いているから佛像とは言えゾロゾロと並べているのは許し難い「異安心」に見えてしまう。この上、モリヤが北キボールで命を奪った3人の若者のためにクルアラーンも唱えていることを知れば同じ浄土教の信者として激怒するかも知れない。しかし、浄土宗の念佛は阿弥陀如来を選択(せんじゃく)するのだ。
妻の栄子は留守だ。田沼和尚が不在の間は孫の世話をするために娘のアパートへ行っているから小休止したところで迎えに行かなければいけない。その前に座卓の席に腰を下ろすと不在の間の新聞が古い順に積み上げてあった。
「オランダに行っちゃったんだったら加倍さんが復活しても新聞の県内版を送る必要はないな。それとも逆に日本の政権交代の情報が欲しいのかな。あの人は昔から勉強家だからね」9月21日に民政党の代表選挙で野畑首相が再選されたが、5日後に行われた自民党の総裁選挙では全国区の大手新聞は完全否定していた加倍晋三元首相が復活を果たした。以来、自民党は攻勢に転じ、国会論戦でも野畑首相を窮地に追い込み、大手新聞はそれを批判しているが国民の目にはどちらが正論なのかは明らかだった。ただし、田沼家では保守系のY売新聞なので民政党政権を批判する立場だ。これまでモリヤには宇部市出身の缶前首相や岩国市出身の広岡秀夫法務大臣に関する山口県内の記事を送っていたが、オランダに赴任すれば日本の政治に対する興味を失うのか、逆に情報がないだけに必要とするのか判断に迷うところだ。田沼和尚は駐車場の自動販売機で買ってきた日本茶の缶がまだ温かいことを確かめると開けて一口飲み、上から新聞を手に取って読み始めた。加倍総裁の追及は前任者の簡単に萎えてしまった矛先に比べて固く鋭く、読んでいて小気味よい。
新聞を2部呼んだところで壁時計を見ると妻を迎えに行く時間になっていた。読んだ新聞のうち、加倍総裁の活躍を称賛し、首相への復活を期待する地元の声を集めたページだけを別にまとめると田沼和尚は立ち上がった。
「昨日、買い物で中司さんに会ったら『昔、1教群にいたモリヤさんがヨーロッパに転属したらしい』って言っていたよ」娘宅からアパートに戻る車内で妻が意外なことを説明した。中司元1尉は現役時代からの友人で、近所に住んでいるため今も親しくしているが、「元1教群」と言う基準で噂話を察知すると不可解な人脈で真相を探求して広報してくれるのだ。
「うん、オランダの国際刑事裁判所に赴任したんだそうだ。今日、転属案内の葉書が届いてたよ」田沼和尚は前を向いたまま事実を説明した。田沼和尚は栄子から「娘一家とハウステンボスに行きたい」と言われていて、モリヤがオランダに赴任したことを知られると「現地の方が良い」と言い出さないか心配していたのだ。それでも最近は田沼和尚と栄子も加齢による体調不良を感じることが多くなっているから無理な海外旅行を希望するはずがない。どうせ行くのなら沖縄の本土復帰直後に赴任して部隊創設に尽力した那覇基地の現状をこの目で見てみたい。
「モリヤさんの奥さんって1佐なんでしょう。随分、優しい顔した1佐ね」家に帰ってモリヤからの葉書を見せると栄子は意外なことを指摘した。そう言われて葉書の写真を見直すと確かにモリヤの隣りの女性の微笑みは柔らかく、全身から優美で快活な雰囲気を発散していて威圧感は全くない。とても連隊長を務める1等陸佐には見えない。それでも昨年夏までの防府南基地司令で今は芦屋基地司令を務めている柏原敬子将補はその美貌と品位で防府市民からも絶大な人気を獲得し、基地開庁記念日では基地司令目的の来場者が大幅に増えたらしい。
「どう見ても夫婦じゃあないか」「それはそうだけど」栄子は田沼和尚の反論に唇を噛んでうなずいたがその顔は納得していない。実は田沼和尚も「謎」として胸に仕舞い込んでいた。
55・柏原敬子柏原敬子将補閣下
スポンサーサイト



  1. 2020/03/29(日) 12:12:15|
  2. 夜の連続小説8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振り向けばイエスタディ1870 | ホーム | 3月28日・ロシア人の作曲家でピアニストのラフマニノフの命日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/6043-64fe5d93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)