FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

振り向けばイエスタディ1878

ワインのテーブルに戻り、ソムリエにグラス一杯までモーゼルの同じワインを注いでもらうと私は立ち話をしている各国駐在武官の間を歩きながら話相手を探した。それでも個人的に親しいのか軍事的な関係が強いのかは判らないが、駐在武官同士で話しこんでいて割り込む隙間が見つからない。しかも私は英語しか話せないため迂闊に声をかけられなかった。
「君は日本陸軍のようだが」唐突にヨーロッパ人でも国籍不明の陸軍の駐在武官に声をかけられた。会場では帽子をかぶっていないので軍服で判断するしかないが、海上自衛隊の将官の夏服用のような派手な階級章には見覚えがある。焦げ茶色の生地はアメリカ陸軍や東アジアの陸軍、特に陸上自衛隊の緑色よりも私好みだ。周囲を見回すとヨーロッパでも王国陸軍の軍服は渋く個性的な色だ。こうなると前川原で供与され、2尉まで着ていた茶灰色の旧制服を個人的に復活させたくなる。特に夏服は是非そうしたい。
「はい、貴方は」「私は君の先祖と3度戦った軍だ」「ロシアですか。ドゥーブラエ・ヴェーチェル」条件反射でロシア語の「こんばんは」の挨拶が飛び出した。少年時代に聴いていたモスクワ放送は夜だったため番組の冒頭はこの挨拶から始まっていた。すると変に威圧感を発していた駐在武官の顔が急に和らいだ。
「ほう、ロシア語も話せるんだね」「いいえ、中学生の頃からモスクワ放送を聞いて覚えただけです」少年時代からモスクワ放送を聴いているだけで友好関係を結ぶには十分だろう。駐在武官はウォッカの匂いがするグラスを顔の前に掲げ、私もワイングラスで捧げ銃をした。それにしても駐在武官が言う3回とは日露戦争にシベリア出兵と第2次世界大戦のことだが、私に言わせれば日本とロシア・ソ連との戦歴には先ず江戸時代の1803年と4年にロシアの軍艦が樺太や千島を攻撃した露寇=レザノフ事件も加えたい。愛知県渥美半島の田原藩では海岸防備の大砲が買えないため寺の釣り鐘を並べたそうで、少なからず迷惑を被ったのだ。それでも折角、和やかな雰囲気になったのだから戦火を交えた歴史を蒸し返す必要ない。
「君はミリタリズム(=軍国主義)の信奉者なのか」互いにグラスを口に運んだところで駐在武官は急に真顔を作って質問してきた。相手はイギリスと並ぶジョークの本場のロシア人だ。下手な回答をすると小馬鹿にした笑い話のネタにされる可能性がある。
「いいえ、私はブッディストですからこのシェービング・スタイル(=剃髪形)にしています」この質問の主旨が私の剃髪をドイツのネオ・ナチ=スキンヘッドと同一視していることは判っている。しかし、毛を生やしていないのでヘア・スタイル(=髪形)と言えないところが辛い。すると駐在武官は皮肉に笑うと意外に高度な見解を投げ掛けてきた。
「日本のブディズム(佛教)はナチス・ドイツと同じハーケンクロイツをシンボル・マークにしているだろう。つまり日本のナチズムであるミリタリズとブディズムは同じ思想と言うことだ」高度だったのは日本の佛教寺院を表す「卍」を知っていたところまでだった。確かにナチス・ドイツのハーケンクロイツは1920年にヒトラー総統が党のシンボル・マークとして佛教の「卍」を採用したのだが、問題なのは英語で説明するのに「ブックト・クロス(鉤十字)」ではなく卍を意味する「スワスティカ」にしたことだった。このためイギリスやアメリカでは戦前からハーケンクロイツを卍と説明するようになり、同一視するようになってしまった。実際、少林寺拳法もが意外進出を図るため道衣の胸につけていた卍を変形十字に変更している。
「それは大佐の勘違いですね。日本の軍国主義は国家神道が根拠になっていますから興味があれば勉強して下さい」私としては江戸中期に出現した平田篤胤に始まる尊皇攘夷の狂気が幕末にロシアを含む欧米列強の来航により過激になったことが軍国主義の元になった歴史と宗教の知識を英訳して説明したかったが、それほどの語学力は持ち合わせていない。
「ところで今のロシアではクレムリンでプーチンの悪口を言えるんですか」これはロシアン・ジョークの誘い水だ。それに気がついた駐在武官も笑って身構えた。
「ある時、アメリカ人がロシア人に言った。『俺の国ではホワイトハウスの前ではニクソンの悪口を言っても逮捕されないぞ』。するとロシア人がアメリカ人に言い返した。『俺の国でもクレムリンでニクソンの悪口を言っても逮捕されないよ』」はロシアン・ジョークの定番なのだ。
「逆に今の日本では民政党政権の悪口を言えるのか」「いいえ、言えません」マスコミの扇動を信じて愚かな投票行動で国家を滅亡の危機に堕とした日本国民も流石に民政党政権の限界を見極めているが、大手マスコミは挽回に向かって必死の宣伝を展開していたから幹部自衛官の立場では公に悪口を言えるはずがなかった。それでも野畑政権は失策続きなので復活を遂げた自民党の加倍総裁の個人攻撃に終始しているようだ。在オランダのロシア駐在武官がそこまで日本の内情に詳しいことには少し脅威を感じるべきだろう。
スポンサーサイト



  1. 2020/04/07(火) 13:51:10|
  2. 夜の連続小説8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<声優・増岡弘さんとプロデューサー・堀川とんこうさんの逝去を悼む。 | ホーム | 振り向けばイエスタディ1877>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/6061-c0a3c270
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)