FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

声優・増岡弘さんとプロデューサー・堀川とんこうさんの逝去を悼む。

声優・増岡弘さんの逝去を悼む。
3月21日に「サザエさん」のふぐ田マスオさんや「それゆけ!アンパンマン」のジャムおじさん、何よりも「ドラゴンボール」の亀仙人を演じた声優の増岡弘さんが直腸癌で亡くなったそうです。83歳でした。
野僧にとって「ドラゴンボール」の亀仙人は浜松時代の仇名だったため(髪形と髭が共通していた)、WAFたちから少年ジャンプを渡されて「台詞を読んで下さい」と頼まれましたがスケベな台詞を語るのは大変難しかったです。また「それゆけ!アンパンマン」は愚息たちの必見番組だったのでジャムおじさんの癒し系の声は印象に残っていますが亀仙人と同じ声優とは気がつきませんでした。「サザエさん」のふぐ田マスオさんはやや影が薄い役だったのであまり台詞がありませんでしたが、サザエとフネさんが台所で夕食の支度をしているところに聞こえる「ただいまァ」と言う声は独特の味がありました(ご本人は「増岡」と言う姓で「マスオか」と決まったと思っていたそうです)。冥福を祈ります。

名プロデューサー・堀川とんこうさんの逝去を悼む。
3月28日に「グッドバイ・ママ」や「岸辺のアルバム」などの名作ドラマを企画し、「ドラマのTBS」の地位を確立した演出した名プロデューサー・堀川とんこう(本名・敦厚=あつたか)さんが肺癌のため亡くなったそうです。82歳でした。
昭和51(1976)年の夏休みに9月一杯を加えた期間に放送された「グッドバイ・ママ」は我々の世代には忘れることはできない女優・坂口良子さん主演で、死んだ恋人の忘れ形見を産んで育てている主人公自身も不治の病を患ってしまい死が迫り、体調が悪化していく中、必死になって娘の父親になってくれる男性を探す悲劇です。それまでは画面に花を添えるだけの役柄が多かった坂口さんが娘のために余命を賭けながら燃え尽きていく姿が感動的であり、周囲の男性たちが計算と欲望で優しさを演じて坂口さんの思いを裏切っていることには高校生1年生とは言え色々と考えさせられました。一方、昭和52(1977)年放送の「岸辺のアルバム」は清純派大女優の八千草薫さんが不倫をする衝撃的な展開と夫の杉浦直樹さんは政界汚職に関わり、娘の中田喜子さんはアメリカ人にレイプされるなど家庭が崩壊していくのを息子の国広富之さんが苛立ち嫌悪しながら眺めている中、豪雨で増水した川に岸辺の新興住宅街が呑み込まれ始めました。すると完全に心が離れていた家族はその前にアルバムを持ち出そうと全員で家の中に飛び込み、建物に感謝と別れを告げて飛び出し、濁流の中に崩れ落ちていく家を見送ると言う物語でした。野僧は父親が八千草さんの不倫シーンに激怒して禁止したため、たまたま不在だった最終回しか見られませんでしたが、感動的な名作でした。
堀川さんは1997年にTBSを定年退社した後はNHKやテレビ朝日、フジテレビ、さらにWOWWOWの番組を手掛けながら映画監督に転身しますが、この頃にはテレビドラマや映画を見なくなっていたので作品は知りません。坂口さんを女優として開花させて下さったことに感謝しつつ冥福を祈ります。
坂口良子グッドバイママグッドバイママ
スポンサーサイト



  1. 2020/04/07(火) 13:53:58|
  2. 追悼・告別・永訣文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振り向けばイエスタディ1879 | ホーム | 振り向けばイエスタディ1878>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/6062-45b9d061
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)