FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

振り向けばイエスタディ1894

「私たちは日本で今度の政権交代が起こる前にアメリカに来ていますから、外務省に対する弾圧と言われても今一つ実感が湧かないんですが」ミーティングが終わると今では松山千秋を尊敬するようになっている本間が質問した。日本に関心を示さないアメリカのマスコミ報道では島国内の政治情勢が判らないのは確かだ。
「捨てたとは言え母国の恥だから語るのは嫌なんだが、民政党は自民党政権から政策を丸投げされていた中央官僚が民間に利権をばら撒いて、その見返りで私腹を肥やしてきた。だから崩壊寸前の国家財政は官民癒着を断って無駄な公共事業を中止すれば増税なしで回復できると宣言して選挙に大勝したんだ。それで始めたのが事業仕分けと言う安っぽい政治ショーだよ。元モデルの蓮亡(れんぼう)とか言う国籍不明の女がSMの女王さまのような顔で官僚を責め立てて大人気を博してたんだぞ」「蓮亡は台湾との二重国籍でも中国人の血を受け継いでいることが誇りだと公言していましたよね」ここで台湾と共産党中国の担当者である本間が補足説明の合の手を入れ、松山は口に頬張った苦虫を噛み潰しながらうなずいた。
「ところが政治的失策が続発して支持率低下が心配になると大人気の政治ショーで盛り上げなくてはならなくなって、そこで俎板に載せられたのが外務省だった。外務省が大使館で開催している式典や祝賀パーティーはエリート外交官の贅沢な社交に過ぎないと断定して、大使館が保有しているワインや貴賓室の家具の価格から雇っているシェフの給料まで公開して、全て国民の税金の浪費だと徹底的に糾弾されていたよ」「外務官僚は反論しなかったんですか。社交も人脈形成と情報収集の手段じゃあないですか」本間の質問が少し気色ばんだ。本間でなくても説明を聞いているだけで腹が立ってくる。
「どうして最高級のワインが必要なんですか。銘柄は誰が決めるんですか。社交ダンスも外交官の素養に入るんですか。何て低次元な質問に外交交渉のプロは対応できなかったんだろう。テレビの蓮亡は本当にSMの女王さまのような目つきだったから外務官僚は変な趣味に目覚めてしまったのかも知れないな。ウチにも女王さまがいるから気分は判るよ」松山千秋がつけたオチに応えて松山裕美が後頭部に正拳突きを喰らわした。最近の本間はこんな夫婦の姿を羨ましく感じるようになっている。そんな本間はこの話をワシントンの大使館に行った工藤から日本人の職員たちの愚痴として聞いていたが、あらためて同情してしまった。
「ところで国際刑事裁判所の検察官になった2等陸佐って元刑事被告人で司法試験に合格した奴じゃあないですか」ここで岡倉が話を代わった。岡倉はその「奴」とは幹部候補生学校の同期なのだが、それを言えば松山千秋には元上司であり、松本は一般空曹侯補学生の先輩で面識があり、本間は妻と会ったことがある。接点を持たないのは杉本だけだ。
「そうみたいだね。あの人は陸幕の法務官室で弁護士活動に励んでいたんだが、A日新聞に今の政権の閣僚の靖国参拝を批判するインタビュー記事が載ったんで国外追放になったらしい」「それでもこの人事は左遷じゃあなくて栄転でしょう」本人も気づいていないが実は愛知大学の後輩になる本間が反論するような口調で疑問を述べた。
「それで裁判記録を調べたらトンデモナイ事実が判明したと言うことですか。確かにアメリカのマスコミもアフリカの話題はあまり取り上げられませんから、アメリカ以外に窓を持たない日本のマスコミは蚊帳の外ですね」ここでパソコンのタイ語のテキストを開いて勉強を始めていた杉本が口を挟んできた。これは職場で蚊帳の外に置かれないために投じた一石のようだ。
「それだけじゃあなくてアフリカ情勢には中国が深く関与していると指摘してるらしい。日本では村山政権が自衛隊を海外派遣したことだけが問題になったルワンダ難民問題も実際はアフリカ大戦と呼ばれるほどの大規模で本格的な戦争の一部だったんだ」「あの時は現地部隊が武装勢力に攻撃された日本の医療NGOを保護したことを法律無視の暴走だって徹底的に批判されました」ここでも輸送幹部として事例研究していた本間が補足した。やはり反日暴動を現地で視察できたことが自信につながったようだ。
「それにしても意外な情報源に絶妙な人間を送り込みましたね。どこの仕業ですか。防衛省や自衛隊にそんな政治力があるとは思えませんが」「詳しいことは判らんが、在日米陸軍の法務官の推薦があったそうなんだ。国際刑事裁判所とアメリカは対立しているから、その相手が推薦する人間を採用すれば今後の有利に働くと言う計算があったのかも知れない。何にしても妙なお告げが聞こえる人だから目に見えない情報も探り出すんじゃあないかな」同期と言うよりもライバルだった岡倉の評価に元部下と言うよりも教え子である松山千秋は内輪ネタを持ち出してしまった。これでは個人的に知っていることを自白したようなものだ。その頃、私は時差6時間で午後になっているオランダでクシャミを連発して風邪の心配をしていた。
スポンサーサイト



  1. 2020/04/23(木) 11:23:32|
  2. 夜の連続小説8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「E・T」の撮影監督・アレン・ダヴィオーさんの逝去を悼む。 | ホーム | 4月23日・東京裁判を変質させた梅汝璈(ばいじょこう)判事の命日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/6094-b0db7456
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)