FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

5月11日・紫雲丸の5度目、最大の衝突事故が発生した。

昭和30(1955)年の明日5月11日に国鉄が運行していた宇高連絡船の紫雲丸が第3宇高丸と5度目の衝突事故を起こし、修学旅行で乗船していた広島県、島根県(帰り)、愛媛県、高知県(行き)の小学生を中心に船長を含む168名の犠牲者を出しました。
紫雲丸の事故は昭和25(1950)年3月25日に同じ宇高連絡船の鷲羽丸と直島と荒神島の間の狭い水道で交差する時に衝突して横転、沈没して7名が死亡したのが第1回で、引き揚げられて復帰してからも昭和26(1951)年8月6日に高松港内で第2ゆず丸と衝突して2度目、それでレーダーを搭載しましたが昭和27(1952)年4月21日にも高松港灯台下の捨石と衝突して3度目、今度はジャイロコンパスと設置したものの昭和27(1952)年9月には高松港内で福浦丸と衝突して4度目を記録していました。ちなみに紫雲丸は事故後に引き揚げられて瀬戸丸に改称して再度復帰しましたが、昭和35(1960)年9月12日にも中央栄丸と衝突して相手を沈没させています。こうなると呪われた連絡船のようですが、紫雲丸と言う船名の由来は高松市内の山の名前でも、紫雲は高徳な人物が亡くなった時に現れるとされる超常現象であり、音の「しうん」は「死運」に通じることから「縁起が悪い」と命名の時から反対する声があったそうです。
紫雲丸は昭和10(1935)年に岡山側の徳高線、四国側の土讃線が開通したことで本州と四国の旅客と貨物の輸送量が急速に増大したため青函連絡船と同程度の大型船として建造が計画されましたが、戦争の激化によって鉄材などは軍事物資に優先されたため却下されました。ところが戦争が終わると再び輸送量が増大したことで昭和21(1946)年にGHQの許可を得て戦前に計画された1400トン級(実際は1449.5トン)の車載客船3隻の建造を復活させたのです。この1番船が紫雲丸でした。
この日、瀬戸内海では朝から濃霧警報が発令されていましたが、第3宇孝丸(1282トン)は天候は曇りでも霧や風はない気象状況だったため午前6時10分に宇野港を出航しました。一方の紫雲丸は6時20分になって高松地方気象台から濃霧警報が入り、出航を延期しましたが、船橋から400メートルから500メートル沖の漁船が視界認できたため午前6時40分に乗客781名、乗員60名を乗せて高松港を出航したのです。
ところが出航から10分が経過すると視界は100メートルまで落ち、紫雲丸はレーダーで確認しながら航行しましたが第3宇高丸は目視しかなく、そのまま交差位置に差しかかった午前6時51分過ぎに紫雲丸が左折したことで第3宇高丸の船首が紫雲丸の右舷機関部付近に衝突し、発電機が爆発して停電したため防水扉が閉鎖不能になり、大量の浸水によって急速に左舷側に傾斜していきました。第3宇高丸は避難者の移乗と停船による浸水を防ぐため紫雲丸を押し続けましたが午前7時2分頃に横転、沈没したのです。
この事故は昭和29(1954)年9月26日の洞爺丸の1155名の犠牲者を出した事故が青函トンネルの必要性の根拠に使われたように瀬戸大橋=本四架橋の推進に利用されました。おまけに修学旅行の児童の多くが泳げずに溺死したため小中学校での水泳教育の普及=プールの設置にも反映されています。結局、犠牲が利権に結びついたようです。
スポンサーサイト



  1. 2020/05/10(日) 13:12:16|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振り向けばイエスタディ1912 | ホーム | 振り向けばイエスタディ1911>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/6130-266463e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)