FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

振り向けばイエスタディ1976

「和也、聡美、おかえりなさい」安川和也・聡美夫婦は久留米に向かう途中で稲沢の実家に寄った。母はTシャツにGパンの軽装で首に巻いたタオルで額の汗を拭いながら出迎えた。今回の入校に当たり名寄の官舎は引き払い、家具や九州では使いそうもない北海道用の冬の衣類は実家に預けることになったので受け入れ準備の掃除をしていたらしい。
「荷物は明日の午後には届くけど準備は万全だね」昔なら長距離の引っ越しは国鉄のコンテナと相場が決まっており、北海道からもフェリーに積み替えれば費用を押さえることができたらしいが、JRが貨物輸送を大幅に圧縮したためトラックで直接運ぶ方式が主流になって北海道からはトラックのまま運転手つきでフェリーに乗るので驚くほど高額になっている。然も今回は転属の赴任手当をもらっていないので全て自腹だった。
「それにしても姉貴が出戻るとは思わなかったよ」「荷物はアンタの部屋で預かるつもりだったけど駄目になっちゃったわ」安川候補生は2月の合格発表の時点で聡美と久留米に転居することを実家に連絡し、不用な家具や荷物を預かってくれるように依頼していたのだが、その後に姉の鶴舞は長引く不況でも生活を慎むことをせず、不足分をデリバリー・ヘルス(=派遣型風俗業)で稼いでいたことが発覚して離婚したのだ。このため2階の2部屋は姉の荷物と生活空間で占有されており、先約の2人の荷物は1階の客間に収納することになった。当然、安川家では来客は丁重にお断りしなければならなくなる。
「それで姉貴は」「今日も仕事って出かけているけど風俗を続けていないか心配だよ」「姉貴は短大時代から親の言うことを聞かなくなったからなァ」母と息子が顔を見合わせて一緒に苦虫を大量に頬張ると聡美は困ったように足元を見た。
家に上がると先ず客間を確認した。以前の客間には壁際に床の間と佛檀があり、家具は座卓と茶箪笥だけが置いてあった。今は掛け軸と木彫の置物を片づけた床の間には畳んだ段ボールを敷いて座卓が立てかけてある。佛檀と茶箪笥の前にも畳んだ段ボールが立ててあった。
「何だか祖父さん、祖母さんに申し訳ないな。佛檀の中身だけでも居間に移すことはできないのか」「お盆の棚経のままテレビの上に置こうかと思ったんだけど、今のテレビは液晶だから薄くて載らないのよ」やはり母も内佛と祖父母の位牌を倉庫になる客間に残しておくことは避けたいようだ。盂蘭盆会の棚経は江戸時代に切支丹の取り締まりとして坊主が全ての檀家・門徒の遺影を巡回するのに草鞋(わらじ)を着脱する手間を省くため、縁側に佛檀の中身を並べて祀った風習が「遠方から帰ってくる先祖が落ち着けるように」「年に1度の佛檀の風通し」などの名目をつけて残ったものだ。
「ご迷惑をおかけします。2人で九州に行きます。お守り下さい」安川候補生は佛檀の前の段ボールを外して扉を開けると手を合わせて頭を下げた。隣りで聡美も手を合わせると小声で「ナンマンダブ」と唱えて頭を下げた。ただし、安川家は浄土宗なので念佛は微妙に違う。
「姉貴は子供を連れて帰らなかったのか」居間に座って母が台所から運んできたジュースを飲むと話題は安川家が直面している問題に戻った。姉の鶴舞には幼稚園に通っている男の子がいたはずだが、家の中には子供が暮らしているような気配はない。子供がいれば帽子や小物、食べかけの菓子などが部屋の隅や家具の上に置いているはずだ。
「鶴舞が要らないって言い張って置いてきたんだよ。泣いてすがったけど振り払って出てきたわ」鶴舞は安川候補生や聡美の県立の普通科高校の先輩で、名古屋市内の私立の短期大学に進学して時代遅れな学生運動の活動家とつき合うようになってからは高卒の両親を見下して注意や叱責を無視するようになった。しかし、安川候補生の胸には親戚や近所の子供たち慕われて、楽しそうに相手をしていた高校時代の鶴舞の朗らかな笑顔が浮かんですぐには信じられない。短大時代の活動家と保育士になって間もなく結婚した元義兄は別人だが、ここまで人間性を捻じ曲げた交際はどのようなものだったのか。安川候補生自身はどん底のような高校生活を送っていた聡美を立ち直らせ、2人で幸せな生活を築いていると自信を抱いているだけに姉の過去を知りたくなってきた。しかし、訊くだけ無駄なのは判っている。
「俺としては姉貴が売春で逮捕されると本当に困るんだよな。俺の久居の教育隊の時の中隊長は幹部候補生学校に入校中に妻が無断で仕事を始めたから、それを扶養手当の二重取りの服務違反にされて内務の成績が最低まで落とされたんだ」「それってモリヤ2佐のことね」聡美にとってもモリヤ1尉(当時)は2人を結びつけてくれた恩人だ。安川候補生は松山2佐から聞いた部外出身のエリートだったはずのモリヤが1尉のまま閑職に留まっていた理由が我が身に降りかかってくる悪い予感が迫ってきた。安川候補生は立ち上がるともう一度佛檀に手を合わせた。今度は線香も立てて鐘を打った。浄土宗式に「南無阿弥陀佛」
スポンサーサイト



  1. 2020/07/16(木) 14:02:57|
  2. 夜の連続小説8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<7月17日・本当は佛教の行事!京都の祇園祭 | ホーム | 7月16日・異論続出!駅弁記念日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/6264-e43c37c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)