FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

7月23日・人工知能過信の危険!ギムリー・グライダーが発生した。

1983年の7月23日に新型旅客機の人工知能を過信したことで信じ難い事態を招き、乗客・乗員69名に死線の綱渡りをさせながらパイロットの冷静沈着な対応で無事に着陸したギムリー・グライダーが発生しました。
この日、大西洋側のモントリオール空港からロッキー山脈に近い内陸部にあるアルバータ州のエドモントン空港まで北米大陸を横断する便のカナダ航空が導入したばかりのボーイング767は人工知能による「燃料搭載情報システム」を使用して給油を始めましたが、この装置は静電容量表示ゲージのハンダ付けの不良で故障していたため係員による燃料計測棒での目視の給油に替えられました。
当時のカナダはイギリス式のヤード・ポンド法=ガロンから国際標準のメートル・グラム法=リットルに移行している最中で、この機体の装置がメートル・グラム法の第1号であったため必要とする=給油する燃料の量を22300キログラムと算定したところまでは正しかったもののモントリオールでの燃料残量7682リットルを重量に換算する際に係員がこれまでのヤード・ポンド法の比重で計算したため20088リットル給油しなければならないところを半分強の12596リットルしか入れなかったのです。さらに操縦席の燃料残量の計器は「燃料搭載情報システム」を通じて表示するため、この機体ではパイロットが22300リットルと手動入力したので人工知能としては必要量と合致しており、「飛行準備完了」と判断しました。実は飛行前にパイロット2人と給油担当者は給油に要した時間などから給油量に疑念を持ち、機体の人工知能で再確認を実施しましたが結果は同じだったので、機長は近傍のオタワ空港で再点検することを決めモントリオールを離陸したのです。ところがオタワ空港でも係員の同様の混乱によって燃料不足が発見できず、操縦席の燃料残量の計器が表示する数字を信じて目的地に向かって離陸しました。
しかし、目的地まで半分を飛行したオンタリオ州レッドレーク上空で左エンジンの異常を示す警報装置が作動を繰り返し、間もなく左エンジンが停止したのです。そこで機長は右エンジンだけで最寄りのウィニベグ空港に緊急着陸することを決断し、高度を下げ始めた時、右エンジンも停止しました。そこからは滑空状態で高度と下降率の法則通りに飛行することになり、副機長が計算するとその時点の高度と下降率ではウィニベク空港まで飛行することは不可能と言う結論に至りました。そこで機長は最も近いカナダ空軍のギムリー基地への緊急着陸を要求して滑空状態で着陸したのです。とは言え両エンジンが停止してラムエアー・タービン(非常用風力発電機)以外の電力を喪失した時点から機体が発する信号で正確な位置を表示する方式に変更されていた管制レーダーでは位置と高度が判らず無誘導状態になっており、車輪さえ自重と風圧で下ろす必要最小限の装置しか機能しない機体を操っての着陸でした。幸い着陸までは乗客・乗員に負傷者はいませんでしたが、前脚が固定できずに接地した機体前からの発煙に焦った乗客が先を争って脱出したため滑り台で下り重なって10名が軽傷を負いました。
スポンサーサイト



  1. 2020/07/23(木) 13:07:02|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振り向けばイエスタディ1984 | ホーム | 振り向けばイエスタディ1983(一部、実話です)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/6279-6b429012
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)