FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

振り向けばイエスタディ1989

夕食が終わってもタイの政治情勢の質疑応答が続き、アメリカ海軍連絡官に対する取材のような雰囲気になってきた。しかし、トミタ少佐はそれも仕事熱心な日本人男性の習性と受け止めて全く楽しくない対話を無理に弾ませていた。
「どうして王制のタイで中国共産党の手先なのが明らかな華僑が政権を握るようになったんだ」杉本も新たな愛人に決めたトミタ少佐が赴任し、東南アジアに担当替えされてからはタイの政治と軍事について研究しているが、アメリカではタイに限らず軍事政権を否定的に評価する論説・記事しかないため現地で実情を見聞しているトミタ少佐の見解を確認しておきたかった。
「結局、中国では欧米日が『私企業だ』と思って投資していても実態は共産主義体制だから、飛躍的に経済発展を遂げて獲得した莫大な利益は国家財政に吸収されるのよ。その潤沢な資金を世界各国の華僑に渡してマスコミを始めとする企業の株式を買い占め、私立学校に投資して中国に依存する社会を構築しているわ。タイは真っ先に狙われて昔から住みついている華僑が有力な軍人に政治資金を渡して軍事政権下で株式投資を進めた。そうしてマスコミと私立大学を影響下に置くと学生たちを毛沢東主義に洗脳して、1992年5月になると大規模なデモによって軍事政権の打倒に成功したのよ」この最後の部分はアメリカの論説・記事でも詳細に述べられていた。それでもオバマ政権も在アメリカ中国人華僑に株式を買い占められているマスコミの扇動で成立した親中政権なので「中国脅威論」が下火になって中国の関与については触れていない。
「それで民主化を名目にして国王と佛教の権威を否定する毛沢東主義を浸透させて都市部では華僑が社会の実権を握るようになったわ。そんな中で実施された2006年4月の下院選挙を保守政党がボイコットしたから華僑の政党が圧勝してタクシンの独裁政権が成立したの。ところがラーマ9世が1党だけが参加した選挙を承認しないで、憲法裁判所に審査を命じたことで毛沢東主義に洗脳された学生が華僑と一緒に暴動を起こした。これを鎮圧するために対抗して国軍が9月19日にクーデターを起こした話はさっきしたわね」トミタ少佐もアメリカ海軍の連絡官として公式には表明できない政治的見解を語り始めると胸に溜まっていた疑問や不満が堰を切ったように溢れて出したらしい。
「結局、タクシン首相は亡命に追い込まれて華僑政党の議席独占も憲法違反と言う判断が下ったけど、タクシン派の毛沢東主義者たちはデモで軍事政権の打倒に成功した1995年を再現しようと暴動を起こした。それを武力鎮圧したのが2010年4月10日土曜日の事件よ。それを受けて議会が再開されても華僑政党の議席独占は変わらないからタクシンの側近や義弟、妹が首相になっている。そんな状況だから野党は逆に大規模デモでインラック政権を打倒しようとしているの。今回は華僑に牛耳られていることに危機感を抱いている幅広い階層のタイ人が参集しているから妹も亡命することになりそうね」「あの首相は未婚の母なんだよな」前回、タイに来た時にはバンコク市内の華僑の店に貼ってあったインラック首相のポスターに身惚れたが、アメリカで調べてみると未入籍の相手との間に子供を儲け、仕事と育児を両立していることを誇示して若い世代にタイの道徳観の否定を扇動していることが判った。
「それにしてもタイの国軍がクーデターを起こして国王の聖断を仰ぐ行動原理は日本の戦前の皇道派と共通しているが、戦時中に日本軍から染められたんじゃあないのか」杉本も同様の意見だったが、日本で戦前に繰り返された2・26事件などの皇道派将校によるクーデターやテロと重ねてしまい全面的に肯定はできない。杉本は2・26事件を吉田松陰の狂気を宗教化した帝国陸軍の精神教育を鵜呑みにした愚かな青年将校たちが士官学校長だった真崎甚三郎の私的な権力欲と怨嗟による政権批判を真に受けて暴走した犯罪としか見ていない。
「確かに似ているわね。それも昭和天皇とラーマ9世はどちらも私心のない信仰の対象にされても不思議がない名君主だから成立する原理だけどアメリカ人には絶対に理解できないわ」日本では今の天皇が変わって以降、天変地異が頻発しているだけでなく、マスコミの扇動による亡国的な政権交代が村山政権を含めて3回も起こっている。それでも自衛隊員から個人的にも救国の叫びを聞くことはなかったのは「政治的活動への不関与」と言う教育が徹底しているだけでなく今の天皇が後を委ねるに足る聖帝ではないからかも知れない。
「そう言えば寝る前にホテルに電話をしてアイツが大人しくしているか確認しなければいけないな」話の腰が折れたところで杉本はスマート・ホンに登録してきたホテルに電話をかけた。本間のスマート・ホンに直接電話しないないのは所在地を確認できないからなのは言うまでもない。命令で連れてきた珍獣がゲージの中で大人しくしていることが判れば海軍軍人のトミタ少佐を愛妻のクミコにして快楽の海で溺れさせる「夫婦」の営みを始める。それを期待したのかクミコは恥じらいと悦びが入り混じった顔で立ち上がるとテーブルの上を片づけ始めた。
スポンサーサイト



  1. 2020/07/29(水) 13:41:37|
  2. 夜の連続小説8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<女優・オリビア・デ・ハビラントさんの逝去に慟哭する。 | ホーム | 振り向けばイエスタディ1988>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/6292-635f35d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)