fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

4月4日・キング牧師が暗殺された。

1968年の明日4月4日にアメリカ黒人解放運動の指導者であるマーティン・ルーサー・キング・ジュニア牧師がテネシー州メンフィスで暗殺されました。
野僧の高校は県立の普通科高校ですが、県下の日教組過激派の教師が集められていて、朝、校門前で共産党の機関紙を配り、校内では民主青年同盟系の生徒が昼休みにフォークダンス集会を開く一方で、校長は元軍人、武道系の生粋の保守、その配下の体育会系などの保守派教師が生徒指導にあたる静かな校内闘争が繰り広げられていました。
進路指導室が進学のための講習などを計画すると日教組の教員から「受験戦争を煽るのか」と反対運動が起こり、生徒も「進学したい奴は予備校へ行け」と白けている妙な校風でしたから、間に挟まった生徒会には微妙なバランス感覚が必要でした。
したがって授業も一種独特の内容で、保守系の国語教師は教育勅語を暗記させ、3年生の学年末試験ではそれの記述が問題、逆に英語の教師は2学期はジョン・F・ケネディの大統領就任演説、3学期はキング牧師の「I have a dream」の演説を暗唱させ、全文を覚えれば満点、言えた長さで点数を決め、記述は名前のみでOKでした(授業はテープを聞かせるだけ)。
したがって野僧は今でもこの3つは断片的に覚えていて、アメリカ軍とのパーティーでケネディの演説を出し物として披露すると拍手喝さいを受けました。ただし、キング牧師の方はアフリカ系のみが感動し、白人は非常に冷めた顔になりますから要注意です。
キング牧師は宿泊するモーテル「ロレアンヌ」のバルコニーで夜の集会の打ち合わせ中に頚部を撃たれて死亡しましたが、黒人解放運動に対する白人社会からの反発だけでなく、ベトナム戦争での黒人兵の差別的処遇を批判する言動が激化するベトナム反戦運動に苛立っていた保守派を刺激して、犯罪・逮捕を繰り返していた犯人のジェームズ・アール・レイを容易に接近させ、暗殺後は海外逃亡できるような社会的状況を作っていたようです。
数年前、さらに過激な黒人解放運動の指導者・マルコムXの映画が上映され、アメリカの街には「X」を刺しゅうした帽子をかぶった若者があふれましたが、あれは単なるファッションであって黒人解放運動が再燃した訳ではないでしょう。数年後に実現したバラク・オバマ大統領の当選と直接結び付いているとは思えません。
日本の若者の場合は「アメリカで流行っているから」と言う物真似か、「シンプルで格好いい」と言う軽薄な理由でしたが。
  1. 2013/04/03(水) 09:20:55|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<4月6日・大田南畝の命日 | ホーム | 第6回月刊「宗教」講座・前>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/631-f7ec3fab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)