FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

振り向けばイエスタディ2011

「自分がベトナムですか」その日、岡倉は松山1佐から長期出張の予定を聞かされていた。職場では杉本と本間がタイの反政府デモの取材で長期出張しており、松本もISILの拠点として封鎖されているレバノンに潜入する抜け穴を探りにトルコとヨルダンを公費旅行している。この上、岡倉まで出張すれば職場は松山夫婦の貸し切りになってしまう。
「これは在ベトナムの防衛駐在官から渡辺閣下に入った依頼なんだ。最近、ベトナムへの韓国企業の進出が凄まじいんだが、その実態に妙な気配が見て取れると言うんだ」松山1佐は本題に入る前に裕美2曹が出したコーヒーを口にした。その前でペルシャ語を専門とする岡倉はベトナムに派遣される理由が判らず松山1佐の顔を注視していた。
「韓国企業がベトナムに本格的に進出を始めたのは2006年、盧武鉉政権の時だ。盧武鉉政権は知っての通り、金大中政権から『太陽政策』を引き継いだが、あれは中国の従属国になることだったんだ。つまり長年にわたって中国と敵対してきたベトナムに自由主義国として進出して経済発展に寄与すれば政治的にも影響力を持つことができる」「なるほど。それは中国の一帯一路戦略にも結びつくんですね」岡倉の返事に松山1佐はユックリ深くうなずいた。
「防衛駐在官としては防衛的観点から独自に調査に着手したんだが、韓国は日本を完全に敵視していて東西対立の頃の共産圏に対するような異常に厳格な保全を敷いているとのことだ」韓国が日本を敵視していることは岡倉の方が体験的に熟知しているが、今回は韓国人として韓国企業関係者に接触することになりそうだ。
「問題は韓国が日本から輸入した最先端電子機器を使った製品をベトナムで販売していて、それが軍事転用されている疑いが高いことだ。これもかなり危険な妨害が加えられているそうだ。したがって大使館としては日本とベトナムだけでなく韓国との外交問題に発展することを危惧して手を引くように言ってるらしい」「それで我々にと言うことですね。我々の存在も認知されたようで少し燃えてきます」岡倉にしては珍しく力強く決意表明すると口をつけていなかったマグカップのコーヒーを一気飲みした。こんな時はアントニオ猪木の入場曲「炎のファイター・イノキボンバイエ」を流したいところだが、家で聴きながらプロレスのトレーニングをして身体にも気合を入れることにした。
「韓国企業がベトナムに進出した背景には何があるんだ」プロレスごっこで疲れた聖也が熟睡した後、岡倉は食卓で知愛と酒を飲みながら情報収集を始めた。今夜は冷えるのでニューヨークのリカー・ショップ(酒屋)で買ってきた日本の焼酎のお湯割りだ。敬虔なカソリック教徒として酒は嗜まなかった知愛も戒律は保つ=自己規制である佛教徒の岡倉に染められて夫婦の会話を円滑にする般若湯(=日本の佛教僧が飲む酒)として楽しむようになってきた。
「韓国がベトナムとの国交を樹立したのは1992年の盧泰愚政権の時だけど、軍人出身だったからベトナム戦争で韓国軍が犯した村民の大量虐殺や女性への集団暴行の責任を問う声が強まってあまり進展はなかったのよ。ところが日本の朝日新聞が従軍慰安婦問題を・・・」「戦時売春婦のことだな」岡倉は実態に即した自分の造語に訂正した。
「その戦時売春婦の問題を大々的に批判報道を再開したから、それを利用して『韓国こそ被害者だ』とベトナムでも喧伝し始めた。そこに1993年の河野談話で日本が罪を認め、1994年には国連の人権委員会がクマラスワミ報告を決議したからベトナムの世論が好転して、そこからは1991年にバブル景気が崩壊した日本に取って代わろうとした韓国企業が進出を開始したのよ」「韓国が中国と国交を結んだのはいつだ」「1992年の夏だったわね。8月だったと思うわ」こうして韓国の外交攻勢が始まった時期を確認すると日本では宇野宗佑、海部俊樹、宮沢喜一、細川護煕、羽田孜、村山富市政権の平成元年の1989年から1996年と見事に重なる。この6人と悪夢の民政党政権の雀山、缶、野畑の3人はどう考えても一国の首相が務まるような人間ではないのだが、それが6人も連続して首相の椅子を汚させ続けた揚げ句に2回も政権交代させている。これは「平成が打ち続く大規模な天災だけでなく人災でも佛神に見捨てられた時代だ」と言うことだろう。
「貴方は日本の政権に失望してるみたいだけど韓国だって似たようなものよ。直接選挙で当選して常識的な政策を行っていた盧泰愚政権を軍人出身と言うだけで批判して退任後は軍事法廷で有罪判決を下した。民間出身でまともなのは金泳三くらい。金大中、盧武鉉は北朝鮮の金王家に臣従する下僕、李明博は会社経営者の営業感覚のみ、そして今の朴槿恵もマスコミが扇動する世論に操られるだけ。今度は韓国が地の底へ落ちるのよ」やはり飲み慣れない酒で悪酔いしているようだ。岡倉は立ち上がって振らついた知愛を「お姫さま抱っこ」でベッドに運んだ。やはり鍛えているだけのことはある。続きは夫婦だから泥酔レイプにはならないはずだ。
李英愛3イメージ画像
スポンサーサイト



  1. 2020/08/20(木) 13:00:05|
  2. 夜の連続小説8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振り向けばイエスタディ2012 | ホーム | 振り向けばイエスタディ2010>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/6336-be21c0e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)