FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

振り向けばイエスタディ2014

オランダの我が家の年末は異常な事態になっている。ヨーロッパでは12月25日にクリスマス・カードが届くので日本のようにニューイヤーズ・カード=年賀状を1月1日に配達する習慣がない。日本でも佳織の官舎には東京とアメリカの指揮幕僚課程での同期やハワイの太平洋軍司令部の同僚からクリスマス・カードが届いていたが、クリスチャンの友人を持たない私には縁がなかった。ところが今年は夏にスイスを旅行した時に知り合った人たちから届いたのだが、日本で早めに投函した年賀状と同時期だったので不思議な気分だった。尤もクリスマス・カードの内容も基本的には「次のクリスマスまでカミの加護があるように祈ります」と言う挨拶なので年賀状と大差はない。
「ユルゲン・クライスト中佐って行きの寝台列車で一緒になってチューリッヒ市内を案内してくれたご夫婦よね」年賀状は宛先で分けて先にクリスマス・カードを一緒に見た。差出人がドイツとスイスなので読むのはスイス旅行以来ドイツ語もかじり始めた梢の担当だ。
「うん、ドイツ連邦軍の戦車大隊長殿だ」階級は同じでも私は指揮官として普通科中隊長と共通教育中隊長しか経験していないため元大隊長には素直に敬意を払っている。
「素敵な絵ね。見て見て」先にメッセージを読んだ梢はカードの絵を私に見せた。クリスマス・カードは年賀状のような葉書ではなく封筒に入れた2枚折りのカードなのでどれも凝っている。クライスト夫妻は古典的な聖母子の絵だ。
「やっぱりドイツのルーテル派はプロテスタントでも聖画を尊重するんだな」同じ絵を鑑賞しても坊主は感想が違う。一般的にプロテスタントはカソリックに対するアンチテーゼを標榜するため旧約聖書が偶像崇拝を禁じていることを根拠にイエスやマリア、聖人の彫刻や聖画は認めていない。その点、ドイツのルーテル派は宗教改革の先駆けだけに教義や戒律、布教への批判と反証が中心で庶民の宗教的文化財への崇敬は容認している。
「ツュエルマットのホテルからも来てるよ。雪のマッターホルンが素敵」こちらは世話になった副支配人個人からではなくチェック・インの時にフロントで記入した住所で一律に送った営業用らしいが、雪に覆われたマッターホルンの絵葉書なので「また行こう」と思わせる効果は抜群だ。流石は観光立国・スイスだけのことはある。
「アレクサンダー・レーア大尉はバートラガーツの民宿の山岳中隊長だね」「考えてみればアレクサンダー・レーアは第2次世界大戦後に銃殺された空軍大将と同姓同名だぞ」バートレガーズで宿泊した時は山岳戦闘と自宅に保管している小銃と拳銃の話題に熱中したが、「非防守都市宣言(地域内に軍事施設や軍隊を存在させず、防衛のための戦闘行為も実施しないことを前提に攻撃を回避する宣言)」していたユーゴスラビアのベオグラードを空襲した戦争犯罪で銃殺刑になったアレクサンダー・レーア大将の名前をつけられた経緯も訊いてみたかった。レーア大将は一緒に死刑判決を受けた7名が吊首刑だった中で1人だけ軍人の名誉を尊重する銃殺刑に処せられているからレーア大尉の親も敬意を抱いていたのかも知れない。
「クリスマス・カードの返事はどうしよう」この他にも職場や学校の友人たちから届いたクリスマス・カードを見終わって梢が相談してきた。確かにクリスマス・カードは宗教上の儀礼なので相手の信仰を冒涜するような返事は出せない。とは言え佛教徒の私にクリスマス・カードを送ってくる気楽さを見るとそこまで真剣に考える必要性はなさそうだ。
「そう言えば5月の中旬にスリランカの田島1尉からウェサック・カードが届いただろう。あれは佛教のカードだからコピーすれば使えないか」スリランカやタイなどの南方佛教国では太陰暦の4月8日から4月15日の満月までに釋尊の生涯を祝うウェサックと言う祭礼を盛大に行う。在スリランカ大使館の在外公館警備官として赴任した田島1尉はそれに倣って表に菩提樹の下で大悟した釋尊、裏に着飾った象を描いたカードを送ってくれた。象は兎も角として釋尊の図案なら佛教徒の返事に相応しいが、問題は来年のウェサックは5月6日から13日までなのでこの時期に佛教のカードを送る必然性がない。
「やっぱり返事は年賀状で良いんじゃないの。貴方が毛筆で書けば興味を持ってくれるわ」案の定、頭が赤いケーブルで接続されている梢は私の迷いを覚って妥協案を提示した。昔から私は悩んでいることを先回りして救おうとしてくれた。それが行き過ぎたのが哀しい別れだった。
「田島1尉さんは『スリランカは貴方の母国みたいな佛教国だ』って言ってたよね。来年は行きたいな」思い掛けないことで来年の計画が決まった。確かに国連人権委員会は2011年4月25日にスリランカ内戦における戦争犯罪を報告している以上、遠からず国際刑事裁判所が提訴することになるだろう。その前に下調べするためにも行っておくべき国ではある(職場に届いたクリスマス・カードと年賀状の中にはフランス陸軍のオージェ大尉も入っていた)。
クリスマスカード(ドイツ発)ドイツから届いたクリスマス・カード
スポンサーサイト



  1. 2020/08/23(日) 13:06:35|
  2. 夜の連続小説8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振り向けばイエスタディ2015(一部、実話です) | ホーム | 8月23日・サッコとヴァンゼッティの死刑が執行された。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/6342-8b8e8956
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)