FC2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

「菅首相」と「菅元首相」を間違えないように注意しよう。

事実上の首相を決める選挙でありながら公職選挙法が適用されない自由民主党の総裁選挙で連続在任期間でも日本一になった第2次安倍晋三内閣で一緒に記録を更新してきた菅義偉官房長官が当選しましたが、このまま首相に就任すると今後は新聞を読む際に少し注意が必要になりそうです。と言うのも(悪夢の)民主党政権の「空き缶」こと「菅(かん)首相」が在任したのは2010年6月8日から2011年9月2日なのでいまだ10年は経過しておらず、本人は衆議院議員として政界に留まっているだけでなく相変らずの目立ちたがり屋で新聞に発言や行動が載ることがあるからです。新聞社としては「菅(かん)元首相」と「菅(すが)首相」で区別すればすむ話ですが、政治面は見出しにしか目を通さない読者は「菅元首相」が得意とする問題発言を紹介する見出しを目にして「菅首相」に批判的感情を抱くかも知れません。これが本文であれば菅直人元首相と菅義偉首相とフルネームで書けば完璧ですが、見出しでは「元」を小さな文字にすることが多いので「菅首相は『元』が付く名前なのか」と勘違いされるかも知れません。今後は「菅首相」と「菅元首相」の見出しには振り仮名を付けることにしてもらいましょう。
ちなみに明治以降の歴代首相で同姓は意外に多く、鳩山一郎首相と鳩山由紀夫首相の祖父と孫や福田赳夫首相と福田康夫首相の父子は別としても昭和2(1927)年4月から昭和4(1929)年7月までの田中義一首相と昭和47(1972)年7月から昭和49(1974)年12月までの田中角栄首相、昭和20(1945)年4月から同年8月までの鈴木貫太郎首相と昭和55(1980)年7月から昭和57(1982)年11月までの鈴木善幸首相、そして菅(かん)と菅(すが)とは逆に読みだけであれば昭和14(1939)年8月から昭和15(1940)年1月までの阿部信行首相と2006年9月から2007年9月までと2012年12月から現在までの安倍晋三首相もいます。
このうち鳩山祖父と孫は混同ではなく比較されると保守系の新聞は言うまでもなく左傾の新聞でさえ「日ソ国交樹立を果たした偉大なる祖父の名に泥を塗った」と非難し、福田父子は「福田の子は福田」と共倒れになっていました。
また田中、鈴木、阿部と安倍は戦前と戦後に分かれているので接点がなく混同されることはありませんでしたが、山口陸軍閥の最後を飾るべく登場しながら満州事変の対応の無定見によって昭和の大元帥陛下の信認を失った田中義一首相と日本列島改造論を掲げて登場しながらロッキード事件の金権批判で退陣した土建政治屋の田中角栄首相では歴史的に未確定な部分が多く評価はできません。その一方で本土決戦を叫ぶ狂った軍人たちを巧妙に翻弄しながら無条件降伏による敗戦を受け入れ、民族の滅亡を回避した鈴木貫太郎首相と元社会党の愚かさを自民党で晒し、原敬首相、斎藤實首相、米内光政首相など(東京生まれの岩手県人の東條英機首相を加えるべきか?)の岩手県出身の首相の名を汚しただけの鈴木善幸首相では比較するだけで鈴木貫太郎首相に対して失礼に当たります。
おそらく菅首相が菅元首相と比較されることはないでしょうけれど、菅(かん)内閣の官房長官は合流野党の代表なのでこちらとは何かと比較されるかも知れません。
スポンサーサイト



  1. 2020/09/15(火) 13:57:26|
  2. 時事阿呆談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振り向けばイエスタディ2038 | ホーム | 振り向けばイエスタディ2037>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/6391-5b792c92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)