fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

4月17日 徳川家康の命日

元和2(1616)年の明日4月17日(太陰暦)は東照大権現・徳川家康公の命日です。
野僧は愛知県岡崎市の出身なので家康公は郷土の英雄であり、子供の頃は家康公が織田、今川の人質だったことを思って辛抱することを習い、小学校6年の時には東照大権現・徳川家康公遺訓「人の一生は、重荷を負うて遠き道を行くが如し、急ぐべからず。不自由を常と思えば不足なし。心に望み起らば困窮したるときを思い出すべし。堪忍は無事長久の基、怒りは敵と思え。勝つることばかりを知りて、負くることを知らざれば害その身に至る。己を責めて人を責むるな。及ばざるは過ぎたるに勝れり」と旗印「厭離穢土 欣求浄土」を暗唱ではなく、文字で書けました。
この教育が最も徹底しているのが岡崎市内の大樹寺小学校で、徳川家康公を目標に掲げているそうです。
野僧が卒業した岡崎市内の矢作南小学校では先輩である第1回文化勲章受章者の本多光太郎博士や数学者の飛田武幸博士を目標にせよと示され、弛まぬ努力を教えられましたが、征夷大将軍・東照権現・神君である徳川家康公では、些か目標が手強過ぎましょう。
岡崎では「東京などは家康公が作った植民地だ」と教えられましたが、実際、全国各地に三河武士の殿様がいて、山形県なら庄内の酒井公、新潟の長岡の牧野公、千葉なら本多公、九州でも大分・中津には奥平公、それに松平と言う殿様は到る所にいました。
しかし、家康公ほど好き嫌いが激しい方も珍しいでしょう。関西に多い秀吉ファンには憎むべき仇役ですが、辞世を比べれば勝負は明らかでしょう。
家康公「嬉しやと 二度さめて 一眠り うき世の夢は 暁の空」
豊臣秀吉「露と落ち 露と消えにし 我が身かな 浪速のことも 夢のまた夢」
どうですか?
東照権現

  1. 2013/04/16(火) 08:13:03|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<4月21日・大石順教尼の命日 | ホーム | 4月15日・アメリカで原子爆弾研究所が設立された。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/659-1a70b082
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)