fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

8月31日・ダブル不倫の果てにダイアナ元王太子妃が事故死した。

1997年の明日8月31日に野僧と生年月日が同じイギリスの元王太子妃・プリンセス・オブ・ウェールズ=ダイアナ元妃がパリ市内で交通事故に遭って死亡しました。したがって存命なら今年で還暦でした。
ダイアナ元妃は日本で野僧が生まれた1961年7月1日に名門貴族・スペンサー家の3女として生まれましたが、6歳の時に両親が別居、8歳で離婚したため弟と一緒に父親の親権に入って屋敷で育てられ、9歳から寄宿制の学校に入学してから16歳でスイスの女学院を退学するまで実家に戻ることなく成長しました。
そんなダイアナ妃は14歳の時に父親がスペンサー伯爵の卿位を継承したためレディの儀礼称号を与えられ、16歳で姉の元カレだったチャールズ王太子と初対面し、スイスの女学校を退学してイギリスに戻ってロンドンで1人暮らしを始めていた18歳の時に王室のパーティーでウィリアム王太子と再会して交際が始まったのです。この頃、王太子は婚期が遅れている中で友人の妻だった現在のカミラ夫人との交際を巡って両親=女王夫婦から厳しく叱責を受けていて「年上の人妻が駄目ならバージンの小娘なら文句はなかろう」と愛情よりも計算で手をつけたと後に報じられています。
それでも1981年7月29日に盛大な結婚式を挙げるとその美貌でイギリス国民だけでなく世界中の人々を虜にしてたちまちイギリス王室の表看板になり(この頃、イギリスに留学していた今上くんは華やかなダイアナ妃に憧れて類似品の女性外交官を皇后にしたらしい)、こうして始まった夫婦生活は1982年に長男、1984年に二男を儲けるなど当初は順調でしたが日本でも古来「後家さんの娘は3文安い」と言われているように両親が離婚して片親で育った娘は夫婦の機微を知らないため健全な家庭を築くことが難しく、ダイアナ妃も夫であるチャールズ王太子が当然としている王室の風習や女王の命令に反論し、家庭や育児の方針でも伝統と立場を重んじるチャールズ王太子の考え方を否定してまだイギリス社会でも賛否があった現代的な育児を勝手に実践するなど夫婦の亀裂は生じると同時に急激に広がり、1980年代の半ば頃からチャールズ王太子は自宅の宮殿には帰らずカミラ現夫人の元へ通うようになり、間もなくダイアナ妃も騎兵将校と不倫関係に入って離婚は時間の問題になりました。
ところが王室の醜聞にマスコミが飛びつき、ダイアナ妃の性生活を含む内情暴露やレオタードや水着の写真が世界中を駆け巡って平民のオナペットになると王室の権威が地に堕ちこるとを危惧した女王が裁定に乗り出して1996年8月に離婚が成立したのです。
離婚後のダイアナ元妃はパキスタン人の心臓外科医に続きエジプトの富豪の息子の映画監督と公然と同泊するようになって婚約を発表するとイギリスのマスコミは「イスラム教徒が王孫の義理の父親になる」と報じ始め、そんな中で事故は起きました。
そのため「イギリス国教会の首長としての権威を守らなければならない王室が諜報組織のMI6に背信者に堕したダイアナ元妃の殺害を命じた」と言う噂は「実行者」と自称する元隊員の告白を含めて何度も流れています。
Diana.jpg
  1. 2021/08/30(月) 16:31:13|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振り向けばイエスタディ2386 | ホーム | 振り向けばイエスタディ2385>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/7124-6bedfcc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)