fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

結局、旧民主党と共産・社民は異床同夢なのか。

ブログ・古志山人閑話では基本的に選挙中は政治に関する話題を避けていますが、今回は自己規制を破って山口県内の各選挙区を見ていて感じることを述べます。
今回の山口県内の4つの選挙区のうち旧小郡町を除く山口市・防府市・周南市の旧徳山市・旧新南陽市・旧鹿野町の1区ではK村外務大臣の息子(50歳)と立憲民主党の新人(48歳)。下松市・岩国市・光市・周南市の旧熊毛町・周防大島町・和木町・上関町・田布施町・平生町の2区ではK防衛大臣(62歳)と共産党の新人(64歳)。宇部市・萩市・美祢市・山陽小野田市・山口市の旧小郡町の3区が参議院から鞍替えした万能大臣(60歳)と毎回衆参両院の選挙に出馬して落ちている立憲民主党の新人の女性(66歳)の直接対決。そして下関市と長門市の4区では最長政権を達成したA元首相(67歳)とれいわ新選組の元プロレスラーの新人(49歳)に元地元新聞社員の美貌の新人の女性(47歳)と言う構図になっています。つまり野党は政治への関心が他県以上に強い山口県の有権者に「立憲民主党と共産党、れいわ新選組に大差はないので自民党政権に不満を持つ人は政党に関係なく一票を投じろ」と言っている訳で野党共闘を叫んでいる国民民主党と社民党も含めて看板が違うだけで政治的思想信条・政策目的が同じ異床同夢(同床異夢=別の床に寝て同じ夢を見るの逆)なのを自白しています。
確かに野党各党が口を揃えている「分配」はマルクス主義の原理であり、民主党政権が「失われた20年」の長期不況で不満が鬱積した国民をなだめるために手当てを作って配ることの繰り返しだったのも根底にはマルクス主義の「資本家による労働者の搾取」の階級闘争理論に基づく「企業独自の社員の福利厚生は信用できない。収益を国家が管理して分配するべきだ」と言う社会認識があったようです。
実際、枝野幸男立憲民主党代表が官房長官を務めた菅(かん)直人内閣は東北地区太平洋沖地震の時、自民党の歴代防衛庁長官・防衛大臣よりも優れていた北沢俊美防衛大臣が「初動対処で戦力の集中発揮させる軍事行動の原則」を説明して陸海空自衛隊の全力投入を主張したのを退けて災害派遣を必要最小限にする方針で動き、東北方面隊単独では対処し切れないと判ってから小出しに他方面から増員を送る村山富市社会民主党内閣が阪神淡路大震災で犯した大失策を繰り返しました。さらにオバマ政権が震災直後に申し入れた在日アメリカ軍による災害派遣「トモダチ作戦」を先延ばしにした上、マスコミが取材に入っていない気仙沼沖の離島を担当させ、真っ先に到着した馬英九政権の台湾の緊急援助隊を共産党中国が来るまで足止めにしたことでも本性は明らかでした。
今回の選挙で野党各党は「安倍・菅(すが)政権の9年間で国民の経済格差は拡大した」と声を極めて批判しながら前述の「分配」の必要性を訴えていますが、それを言うなら「深刻な不況に何もできず、事業仕分けで必要経費まで削減して行政を阻害し、外交では共産党中国の言うままに日本を三流国家に堕とした悪夢の民主党政権を復活させたいのか」を国民に問うべきでしょう。今回は共産党と過激派を美化した極左映画の主演俳優がトレンディ・ドラマで素性を誤魔化した代表のれいわ新選組もワンセットです。
  1. 2021/10/23(土) 14:29:33|
  2. 常々臭ッ(つねづねくさッ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<振り向けばイエスタディ2440 | ホーム | 振り向けばイエスタディ2439>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/7235-c439550b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)