fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

海軍つながりで新旧「海上自衛隊歌」

本日は日本海海戦の当日です。そこで海軍つながりで海上自衛隊の話を一つ
実は創立50周年を期に「海上自衛隊歌・海をゆく」の歌詞が変わったのです。

海上自衛隊歌「海をゆく」

旧・男と生まれ海をゆく 若い命の血は燃える
  かおれ桜よ黒潮に 備え揺るがぬ旗印
  おお選ばれた海上自衛隊(じえいたい) 海を守る我等

  怒涛よ騒げ 雲よ鳴れ 力黒金たじろがず
  常に鍛えて逞しく 越える苦難の雨嵐
  おお灼熱の海上自衛隊 海を守る我等

  紅の意気 昼も夜も 重い使命にたぎり立つ
  緑清しいあの山河 永久の栄えをただ祈る
  おお国担う海上自衛隊 海を守る我等

新・明け空告げる海をゆく 歓喜湧き立つ朝ぼらけ
  備え堅めて高らかに 今ぞ新たな陽が昇る
  おお堂々の海上自衛隊 海を守る我等

  黒潮薫る旗風に 映える使命の若桜
  熱い力の意気燃えて 凌ぐ波濤は虹と咲く
  おお精鋭の海上自衛隊 海を守る我等

  伴(きずな)に結ぶ伝統の 誇り支えるこの山河
  永久の平和を祈りつつ 祖国の明日を担う
  おお栄光の海上自衛隊 海を守る我等

海上自衛隊は時代に合わせた変更と説明していますが、男女雇用均等法の施行で高まった女性の地位向上の世論に答えた=WAVEに配慮した結果と言うのが一般的な評価のようです。
しかし、唄ってみるとやはり旧歌詞の方が数段上で、新歌詞は所詮、替え歌です。
野僧なら「男」を平仮名にしますね。「おとこ」には性別以外にも強者、勇者と言う意味もありますから。
モリノ2尉遺影

  1. 2013/05/27(月) 09:50:33|
  2. 常々臭ッ(つねづねくさッ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<TBS「空飛ぶ広報室」について6 | ホーム | 5月27日・日本海海戦>>

コメント

旧隊歌の一部変えて戻して欲しいです

子供が修業式で隊歌を歌うのを聞いて
旧隊歌が懐かしくなり、検索してきました

やはり旧隊歌の方が練習員上がりでしかもひねくれ分隊で荒くれが多かった事もあり、勇ましさは旧隊歌の方が上と感じます

男と生まれを

日本(やまと)に生まれぐらいで、
あと残しても良いのではないかと思いました

今のも悪くないが
なんと言うかお上品
あの電灯を消して暗闇のシケで
レーダーに映らないように
洋上給油訓練は生易しいものではありませんでした

あのレベルにも立ち向かうぞ感が今の歌詞には見えて来ないです
  1. 2018/08/31(金) 09:27:59 |
  2. URL |
  3. 通りすがりの予備海曹 #jSBoJ0Ww
  4. [ 編集 ]

Re: 旧隊歌をテレビで唄うかも知れません。

お久しぶりです。古志山人です。
実はNHKののど自慢が隣りの長門市で収録されることになり、「海をゆく」を「藤山一郎が唄った古関裕而の傑作」として応募しました。NHKのことなので自衛隊歌と判れば予選出場も認めない可能性がありますが、収録は2月20日・放送は2月21日なので連続ドラマ「エール」の余韻を利用できると考えてくれれば世間に披露できるかも知れません。
  1. 2020/11/23(月) 16:59:44 |
  2. URL |
  3. 1pen1kyusho3 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/745-57584a50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)