fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

続・振り向けばイエスタディ212

安川2尉は実際に銃撃を受けた以上、防弾チョッキを着ていくべきか迷ったが山岳レンジャー課程=クレージーサーティーン養成訓練の教官を務めている1曹が助けを求めてくる以上、鉄塔の上部から背負って下りることを覚悟しなければならない。安川2尉は防弾チョッキを脱ぐと形見になるところだった1曹の隣りに置いた。
「2人の方が良くないですか」「いや、クレイムアは設置し終わっている。市川2曹は地上で警備してくれ」本当は2名で下せば心強いのだが警備を優先した。現在も都市部では中国が持ち込んだ拳銃を使った犯罪が散発していて武装した自衛隊員が要点配置されて治安を維持している。そこにクレイムアを市街地で使用させれば国民の不安は一気に増大する。おそらくマスコミはそれ利用して自衛隊が高圧電線だけでなく新幹線や高速道路の橋脚、空港、航空自衛隊の基地などにクレイムアを設置して侵入者を爆殺していることを批判するのは間違いない。今回もテレビのニュースは不審者側が発砲して銃撃戦になったことには触れず「陸上自衛隊が柵の外で3名を射殺した」とだけ報道している。
「これは血じゃないか」安川2尉が身軽に鉄塔の梯子を登っていくと1曹が待っている位置の手前で支柱に赤茶色の液体が一筋垂れて乾いていた。ここまで垂れてくると言うことは決して少なくはない出血量だ。左腕を負傷しているとすれば片手で掴まっていることになる。
「田中1曹、大丈夫か」「お手間取らせてすみません。片手じゃあ止血できなくて困っています。それでも両足と右腕は異常ないので3点降下できます」安川2尉が真上に見える両足と尻に声をかけると1曹はかすれた声で返事をした。それでも1曹は両足と右手で体を支えて自力で下りると言ってきた。安川2尉としてはレンジャー訓練では定番の1人を背負っての絶壁降下を復習するつもりだったが、降下中に1曹が意識を失えば数十メートル下へ真っ逆さまだ。
「よし、ここから命綱のザイルを取る。それを田中1曹の腰に固縛するから可能な場所まで自力で下りてくれ」「はい、レンジャー」安川2尉の指示に答えた1曹の声に力が蘇った。安川2尉は肩に掛けているザイルの端のカルビナ(ザイルを固定する金具)を梯子に掛け、登っていって1曹の背後に身体を重ねると弾帯にもう1つのカルビナをはめた。
「俺が上になるから通してくれ」数十メートルの高さで人間の身体を乗り越えるのは誰でも恐怖心を感じるはずだが、山岳レンジャーは桁が1つ多い岩場で訓練しているので、梯子と言う支点が確保できているだけで安心だった。1曹も身体をずらして安川2尉が手足をかけ易いように協力するから円滑に準備は終わった。
「指揮官、独断で110番通報しました。間もなくアンビ(アンビランス=救急車)が到着します」「それは助かった」安川2尉と1曹が地上に降り立ち、2曹が応急処置をしている間に導通点検をすませて車道に戻るとランドクルーザーの後方から3曹が声をかけてきた。どうやら3曹は発砲した車両が逃走した直後に私物のスマートホンで110番通報して救急車も要請したらしい。応急処置するため迷彩服を脱ぐと1曹の右上腕には弾丸でえぐられた傷があり、出血が止まらなかった。1曹の説明では1発目は外れたので太い支柱に抱きついて内側に設置してある梯子を離れて反対側に身を隠したところ乱射してきた1発が腕に当たったとのことだった。当然、身体を支えることが困難になったが、そこに安川2尉に声をかけられたので余力を振り絞って梯子に戻ったと言う。やはり超人だ。
「それで敵は何者だった」「敵は滋賀方面から来たワゴン車でした。おそらくこのランクルか、鉄塔に登っている1曹のどちらかを見つけて路側帯に停車したようです。そして側面のドアを開けて発砲を始めました。自分はこちらから応戦しようとしたのですが車両の通行が途絶えなくて・・・それで車両の切れ目になって発砲しましたが停車させることはできませんでした。田中教官、申し訳ありません」「俺は生きてるから大丈夫だ」涙ぐんで詫びた3曹の肩を1曹は優しく右手でさすった。この3曹も1曹の教え子なのだ。
「通報が早かったおかげで銃撃犯を逮捕できました。ガラスが砕けて車体は弾痕だらけのワゴン車を見つけるのは簡単ですからね。おまけに鈴鹿スカイラインには逃げ道がない」点検作業は中止して宿営地に戻ると四日市市警の警察官2人が待っていた。3曹の通報を受けてパトロールカーを鈴鹿スカイラインの出口に急行させて検問を始めるまでもなく逮捕したらしい。
「マシンガンであれだけの弾数を発射して周囲に損害を与えないと言うのは凄い腕前ですね」「車両の切れ目になったところで射ったから弾道は車道の外に向かうから安心と言う寸法です」「なるほど・・・冷静沈着ですな」警部補の賞賛に3曹は嬉しそうにうなずいたが、事情聴取のため警察署に連行されることになった。後席に乗っていた人間が死亡したのだ。安川2尉が同行を申し入れると警察官も応じた。
  1. 2022/08/10(水) 15:32:35|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<8月11日・原爆の5日後に広島県の呉軍港が空襲された。 | ホーム | 8月9日・実はこの日に大湊(おおみなと)も空襲された。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/7832-c640f669
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)