fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

6月14日・アメリカ合衆国で星条旗が制定された 

1777年の明日6月14日にアメリカ合衆国が星条旗を制定しました。
御存知のように星条旗は赤と白のストライプの左上の隅に青のデザインで、青の部分に州の数の星が入っています。ちなみに赤は勇気、白は真実、青は正義を意味していると教えられました。
当初はストライプも州の数と一緒に増やしていたのですが、20州になると間隔が狭くなり、遠目ではボヤケテしまうようになったため、最初の13本に戻したとのことです。
また星も13個だった時には配置が定まっておらず、それでは国旗として問題があると言うことで、丸く配置したBetsy・Ross・Flagが制定されました。
星条旗は州が増える度にデザインが変わるため27回も変更されており、現在の50州のデザインは1960年7月4日にハワイ州が加わって以来、継続されている最長記録だそうです。これでグアムが州になれば星を51でデザインし直さなければなりませんが、世界各国に出回っているだけに迷惑を被る人も多いでしょう。
国旗を間違うのは外交儀礼上、大変に失礼なことになり、アメリカから来ているマスコミ関係者などが掲げられている星条旗の星の数を確認するくらいのことはやりそうです。
また壁などにストライプを縦にして掲げる時も左上に青がくるように裏返さないとならないそうです。
それからアメリカの国歌「The Star-Spangled Banner」を直訳すれば「星条旗」です。
歌詞は独立戦争の時、銃弾が飛び交う中、はためき続けた星条旗を称える軍歌なのですが、日本の国歌を「白地に赤く 日の丸染めて ああ美しい 日本の旗だ」の「日の丸」にしろと言われても困るでしょう。
参考までに赤と白のストライプに左上の青のデザインの国旗は、マレーシアとリベリアがあり、青の部分にはマレーシアはイスラム教国だけに月と太陽、リベリアは大きな星1つです。
  1. 2013/06/13(木) 09:22:22|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<空梅雨が心配で雨乞いの童謡です | ホーム | 6月13日・山崎の合戦>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/784-5abf261d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)