fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

東西冷戦に幕を引いたゴルバチョフ大統領の逝去を悼む。

8月30日にアメリカと対等な超大国と思われていたソビエト連邦を数日のうちに崩壊させて第2次世界大戦後の国際社会に破滅の危機を強いてきた東西冷戦を終結させたミハイル・セルゲーエヴィチ・ゴルバチョフ大統領が亡くなったそうです。91歳でした。
ゴルバチョフ大統領は1931年にソビエト連邦でも気候が温暖なカスピ海と黒海の間に位置するスタヴロポリ地方プリヴォルノエのコルホーズ(集団農場)の農業技術者の家庭に生まれました。少年時代はヨシフ・スターリーン書記長の粛清の嵐が吹き荒れていた頃でゴルバチョフ家でも祖父がサボタージュの嫌疑を受けて投獄されています。さらに1941年6月に独ソ戦が始まると父親が出征し、スタヴロポリ地方はナチス・ドイツ軍によって占領されました。
1945年5月に終戦を迎えるとコルホーズでコンバインを運転しながら学校に通い、1950年には成績優秀によるスタヴロポリ市の推薦でモスクワ大学法学部に進学しました。大学では後に妻となる哲学科の学生のライーザさんと知り合い、また学生寮でチェコの民主化運動「プラハの春」の指導者になるズデネク・ムリナーシさんに影響を受けています。それでも在学中にソ連共産党に入党し、卒業後は連邦検察庁の国家試験を受験して内定を受けましたが不採用になり、帰郷して不正や汚職を探索して密告するボランティア組織のコムソモールに参加してやがてスタヴロポリ地方の書記になりました。そこからはニキータ・フルシチョフ第1書記のスターリン批判に共鳴しながら共産党内の階段を確実に昇り、スタヴロポリ市の第1書記、スタヴロポリ地方の第2書記を経て1971年には党中央委員に選出されました。この間にスタヴロポリ農業大学の通信課程で学び、科学的農業経済学者の資格を得ていています。
党中央委員としては1978年に急死した農業担当書記の後任になる一方でライーザさんと結婚すると1日12時間から16時間働く生活を始め、現地からの報告以外に天候気象や生育状況などを知らない中央の過度の関与によって収穫が減少していた農業問題の解決に尽力するなどの功績によって1980年には最年少で政治局員に抜擢されました。
1982年11月にレオニード・ブレジネフ書記長が死亡すると後任の同じスタヴロポリ地方のナグツカヤ出身のユーリー・ウラジーミロヴィチ・アンドロポフ書記長が硬直した18年間のブレジネフ体制で完全に行き詰ったソビエト連邦の抜本的改革に着手して、後継者として活躍し始めたところで病没したため保守派の巻き返しに遭いましたが、後任も死んだため1985年3月に54歳の若さで書記長に就任したのです。
ゴルバチョフ書記長は在任中にマルクス主義から社会民主主義に転換しましたが、それはソ連や東欧の市民には見せてはいけない理想郷を覗かせるようなものだったようです。
日本では今でも伊勢志摩サミットでの来日中の2016年5月27日に現職のアメリカ大統領としては初めてヒロシマの平和記念公園を訪問して献花したバラク・オバマ大統領の評価が高いですが、実はゴルバチョフ大統領もこちらは夫妻で1991年4月17日にヒロシマ、19日には長崎を訪問して献花しています。冥福を祈ります。
  1. 2022/09/08(木) 16:08:31|
  2. 追悼・告別・永訣文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<続・振り向けばイエスタディ242 | ホーム | 続・振り向けばイエスタディ241>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/7894-834e83ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)