fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

9月16日・オスマン・トルコ海軍・エルトゥールル号の遭難事故

明治23(1890)年の明日9月16日に和歌山県串本沖の太平洋上で台風に遭遇したオスマン・トルコ海軍の木造・帆走フリゲート艦・エトゥールル号(1864年建造・全長76メートル)が転覆して587名が死亡する海難事故が発生しました。
エトゥールル号の来日は明治19(1886)年にヨーロッパ諸国を歴訪した皇族の小松宮彰仁中将がオスマン・トルコにも立ち寄ったことへの答礼として海軍の遠洋航海訓練を兼ねて実施されました。しかし、オスマン・トルコ海軍は地中海内での航海しか経験しておらず、エトゥールル号も建造から26年が経過した木造としては老朽艦のため海軍内でも反対意見が大勢だったのですが、「インド、東南アジアのイスラム教徒にオスマン・トルコの威光を示したい」と言う皇帝の意向で実施が決定しました。
こうしてエトゥールル号は念入りな整備を受けた上、1889年7月14日にイスタンブールを出港し、幾多の苦難を味わいながらスエズ運河からインド洋、マラッカ海峡を抜けて1890年6月7日に横浜港に到着しました。途中、パキスタンと分離する前のイギリス領インドやインドネシア、マレーシアなどのイスラム教徒からは期待以上の大歓迎を受けましたが艦体の損傷は著しく、乗員の疲労は深刻で入港直後に艦内でコレラが発生してオスマン・パシャ司令官が明治天皇に謁見して皇帝の親書を奉呈した以外は乗員が上陸して日本人と交流することはなく艦内は隔離病棟になっていました。
こうして乗員12名が死亡し、予定の滞在期間を大幅に超過したためエルトゥールル号は日本海軍の「台風シーズンを避けるように」との助言を退けて出航を決定したのです。ところが最初の寄港地・神戸に向かっていた9月16日の午後9時頃、和歌山県串本沖で台風に遭遇したエルトゥールル号は強風にあおられて大島の樫野埼から伸びる岩礁に激突・座礁、浸水した海水によって水蒸気爆発を起こして午後10時半頃に転覆し、オスマン・パシャ司令官以下の656名は嵐の海に投げ出されました。
樫野埼には灯台がありましたが暴風雨のため目の前で起きた事故に気づくことができず、泳ぎ着いた乗員のうち10名が岸壁をよじ登って救助を求めたものの言葉が通じず、そこで国際旗旒信号を使っての対話で事態を理解して樫野区長に通報すると男性たちは嵐の海に漁船を漕ぎ出して漂流している乗員を救い上げ、激しく波がさらう岩場を探して回り、浜の寺や学校では女性たちが漁村の言い伝え通りの遭難者の救命処置を実施して持ち寄った浴衣などに着替えさせたため69名の生命が救われました。そうして事故から20日後の10月5日に日本海軍の巡洋艦・比叡と金剛が生存者を乗せて出港し、1891年1月2日にイスタンブールへ送り届けました。
トルコでは日本人が忘れたこの史実を国民が共有していてイラン・イラク戦争中の1985年にサダーム・フセイン大統領が「48時間後からイラク上空の航空機を無差別撃墜する」と宣言した時、日本航空の乗員組合が派遣を拒否したため出国できなくなった在留日本人215名をトルコ航空が自国民よりも優先して搭乗・脱出させてくれました。残されたトルコ人500名は自動車で陸路脱出しましたが批判は起きませんでした。
  1. 2022/09/15(木) 15:32:15|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<続・振り向けばイエスタディ249 | ホーム | 続・振り向けばイエスタディ248>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/7909-9fdc7e49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)