fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

12月11日・琉球王家の最盛期を造った尚真王が崩御した。

中国の明暦の嘉靖6年=日本暦の文永7(1521)年の明日12月11日に第2尚王統の3代目国王として50年間にわたって琉球王国としては最大の領地を統治し、政治制度を整え、文化を新興した尚真王が崩御しました。62歳でした。
第2尚王統は伊是名島の貧農だった金丸さんが抜群の政治的才覚を発揮して尚泰久王の側近になりますが、尚泰久王が早世して若い尚徳王に代替わりすると唐突に引退することで政務が立ち行かない状態にして、尚徳王も早逝すると幼い王太子を不安視する王室内で待望論を扇動して即位した尚円王を始祖としますが尚真王はその実子です。
尚真王は明暦の成化元年=日本暦の寛正6(1465)年に若い国王に手を焼いていた頃の尚円王が50歳の時の嫡男として生れました。母は尚円王よりも30歳年下でした。
11歳の時に父の尚円王が亡くなると尚真王が未熟なため叔父の尚宣威さんが王位に就きましたが、半年後に催された即位式でノロ(霊能者の女性)に憑依したキミテズリ神が新王ではなく王子を称える神託を下したため叔父は退位して明暦の成化13年=日本暦の文明9(1477)年に12歳になった尚真王があらためて即位したのです。これは尚円王が次の国王を選ぶ神託で指名された経緯に類似していて尚宣威さんに王統を奪われることを恐れた母=王大后の策謀ではないかと言われています。実際、即位後しばらくは母の王大后が政務を取り仕切っていたことが王家の公式記録に残っていて、家庭内では王大后と叔父の尚宣威王の娘の妃の間で確執が絶えず、妃が生んだ長男の尚維衡さんは廃嫡されて浦添城の按司=豪族にされ(ただし、島津藩の侵攻を受けた7代・尚寧王は曾孫)、妃が生んだ5男が明暦の弘治18年=日本暦の永正2(1505)年に王大后が没した後に王太子になって4代・尚清王として王位を継承しました。
それでも尚真王の治世は長期の在位でなければ成し遂げられない多大な業績を残しています。その最大の成果は沖縄本島各所や点在する島々を豪族の按司が支配する小さな独立国の集合体のような状態になっていた琉球王国を、按司を首里に集めて定住させる一方で行政の長として按司掟を送り込んで中央集権制度を確立したことです。なお、按司には領地に応じた収入を給付し、位階を与えて後の貴族階級になっていきます。また呼称は長男の尚維衡さんが浦添の按司になったことで本土の皇室の「宮家」と同じように王統の分家が名乗るようになりました。
また明暦の弘治13年=日本暦の明応9(1500)年に八重山で起きたオヤケアカハチの乱を制圧したことで北は奄美諸島の徳之島から与那国島まで支配地を拡大しました。
そして国家体制が整うと文化の発揚にも取り組み、尚泰久王が本土の南禅寺から招聘した芥隠承琥和尚に師事し、首里城内の王家の菩提寺・円覚寺を始め各地に寺院を建立して臨済禅を広めました。ちなみに沖縄の三弦=蛇味線は尚真王が貴族・士族の嗜みとして推奨して、それを離島に赴任する按司掟が島民に披露したことで琉球王国全土に広まったと言われています。また首里城外に玉御殿(たまうどゥん=玉陵)を建立して初祖・尚円王の遺骨を移葬し、尚寧王以外の歴代国王の墓所としています。
  1. 2022/12/10(土) 14:10:04|
  2. 沖縄史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<続・振り向けばイエスタディ334 | ホーム | 続・振り向けばイエスタディ333>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/8100-d2b1de75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)