fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

1月3日・第1回紅白歌合戦がラジオ放送された。

昭和26(1951)年の新年早々の1月3日の午後8時から9時に現在では大晦日の恒例行事になっているNHK紅白歌合戦の最初のラジオ放送が流れました。
昭和の時代にはNHKの紅白歌合戦がTBSのレコード大賞と並ぶ年末の歌謡界の総決算と言われ、若手から大物まで有名歌手が総出演するため世代を問わず家族がテレビの前に陣取って歌だけでなく容姿や衣装、仕草まで好き勝手な品評会を始めたものでした。
そんな大晦日の歌番組は敗戦後の昭和20(1945)年の大晦日の午後10時30分から午前0時(除夜の鐘で終わった)までの「紅白音楽試合」と言うラジオ番組として始まりましたが、当初は「紅白音楽合戦」と言う番組名だったのを占領軍に提出する書類で「レッド・アンド・ホワイト・ミュージック・バトル(戦闘)」と直訳したため許可が下りず、「バトル」を「マーチ=試合」に変更した時代を感じさせる逸話でした。ただし、当時は同じ番組を続けるのは企画力の欠如と看做されたため聴取者から絶大な支持を集めた「紅白音楽試合」も単発で、翌年からは「忘年音楽うらおもて」「明星祭」などの多少脚色を変えた二番煎じ、三番煎じ、出涸らしの音楽番組を繰り返しました。
しかし、あまりパッとしない大晦日の音楽番組「明星祭」の企画に疲れた製作側は「年末ではなく年頭番組にすれば問題なかろう」と新たな企画として1月3日に「紅白音楽合戦」を放送することを決定したのです。
そうして始まった年頭版「紅白音楽合戦」は当時のNHKの建物では最も広いラジオ第1スタジオに300人の客を入れて収録同時・公開放送されました。出演者は紅組司会が昭和33(1958)年の朝の連続テレビ小説「娘と私」に出演することになる女優の加藤道子さん、白組司会がNHKの藤倉修一アナウンサー、総合司会が前回の「紅白音楽試合」でも同じ役を勤めた田辺正晴アナウンサーでした。
歌手は1時間の番組なので前年末=4日前の「明星祭」には出演しなかった男女7人ずつの14人でしたが、現在とは違って事前発表はなく曲目も歌手が唄う直前に紅組キャプテンの渡辺はま子さん、白組キャプテンの藤山一郎さんと話し合って決めるぶっつけ本番だったそうです。実際、松島詩子さんは自分のヒット曲「マロニエの木陰」ではなく岡晴夫さんの「上海の花売娘」をカバーし、二葉あき子さんは藤山さんの「長崎の鐘」と並ぶ追悼歌謡としてヒットしていた「フランチェスカの鐘」ではなく「星のためいき」を唄っています。その他にも近江俊郎さんの「湯の街エレジー」、東海林太郎さんの「赤城かりがね」、藤山さんの「長崎の鐘」、渡辺さんの「桑港の中華街」などのヒット曲で盛り上がり、男女の民謡歌手による「三池炭坑節」と「常磐炭坑節」の対決など番組は前回の「紅白音楽試合」と同様に聴取者の絶大な支持を集めました。
そのため単発の予定だった番組が翌年の1月3日にも第2回として放送され、そのまま昭和28(1953)年の第3回まで続いたところで第4回を年末にも放送することになって現在の形になったのです。したがって現在はNHKを含めて「第1回紅白歌合戦」と回数を冠しているこの番組は正式には無冠で単発の「紅白音楽合戦」です。
  1. 2023/01/04(水) 13:19:27|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<続・振り向けばイエスタディ359 | ホーム | 続・振り向けばイエスタディ358>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/8150-4c6243d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)