fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

流石は戦車王国の傑作!レオパルト2が参戦

野僧の津軽在住の頃と同様に暖房もなく厳寒に耐えているウクライナ軍は春季攻勢でロシア軍を領土から撃退させるつもりのようで欧米に対して戦車の供与を要求し、それに応えてアメリカはM-1、イギリスはチャレンジャーを提供することを決定していましたが、敗戦後は永久戦争犯罪国として日本以上に腰が抜けているドイツも旧ソビエト連邦と双璧を為す戦車王国としての傑作・レオパルト2を保有国の流用を含めて参戦させることを表明しました。ちなみにドイツが保有するレオパルト2は244両で(陸上自衛隊でさえ570両)、大半は部品共喰い用なので稼働するのは68両だそうです。
レオパルト2は日本がソビエト連邦軍の新型戦車・T-72の125ミリ滑空砲には全く歯が立たないライフル式105ミリ砲の74式戦車を採用して実際は無限軌道=キャタビラが外れやすい欠点になる姿勢変換装置などを喧伝していた1976年に採用されましたが、同時期に開発されたにも関わらず砲塔や車体前面の装甲は避弾傾斜をつけない垂直・直線の2重構造(当初は中は空だったが後にセラミック製タイルを挿入した)で主砲も120ミリ滑空砲とT-72を凌駕する一世代先行する傑作戦車でした。
実際、レオパルト2は西側諸国が次世代の戦車として遅れて開発・採用したアメリカのM-1、フランスのルクレール、イギリスのチャレンジャー、おまけにイスラエルのメルガバ、日本の90式、韓国のK-1=88(パルパル)などと比べても走行性能(速度だけでなく燃費や騒音、操縦性と旋回、不整地踏破力なども含む)や防御力(砲撃や対戦車ミサイル、対戦車地雷に対する耐久力だけでなく主に乗員の生存性)、攻撃力において遜色はなく完成度では最高峰の地位を堅持しています。また動力や車内空間に余裕があるため大幅な改造や付属品の追加・換装によって性能が格段に向上していることも世界各国が現在も新規採用している理由です。
レオパルト2はアメリカのレーガン政権がソビエト連邦との対決姿勢を公然化させていた1980年代に東西冷戦の最前線の防護壁・ドイツ陸軍の主力戦車だったので戦車王国復活の象徴になりましたが、1990年9月30日に東西ドイツの統一が実現し、1991年12月26日のソビエト連邦崩壊によって東西冷戦が終結するとドイツは最前線からヨーロッパの中央の安全地帯になり、「もう軍隊は不要、これからは警察で十分」と急激な軍縮を始め、不要・余剰になった兵器を次々に売却してレオパルト2も閉店大セールのように輸出するとスウェーデンが1990年代初頭に国産のS戦車の後継として採用し、以降はスペイン、カナダ、ポーランド、シンガポール(あの狭い国土に戦車が必要なのか?)、トルコが輸入しています。ただし、オランダは1979年に導入してドイツに次ぐ445両を保有していましたが現在はドイツと同様に輸出しています。またスイスも1983年に採用して1987年からはライセンス生産に移行しています。
その結果、NATO軍のアフガニスタン侵攻やトルコのシリア侵攻で使用されて抜群の戦闘力と防御力、何よりも信頼性を発揮したため「時代遅れ=年増」と言う風評が霧散して今回の「レオパルト2さん、ご指名」になったようです。
  1. 2023/01/27(金) 12:51:04|
  2. 時事阿呆談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<続・振り向けばイエスタディ382 | ホーム | 続・振り向けばイエスタディ381>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/8199-0e127af6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)