fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

2月17日・東北地方北部の祭礼・朳(エンブリ)

青森県八戸市を中心とする東北地方北部では2月17日から2月20日にかけて「朳(エンブリ)」と呼ばれる祭礼が行われます。なお「朳」の漢字としての読みは「エブリ」が正しいのですが地元では「エンブリ」と訛らせて呼んでいます。
野僧は中学生の頃から民俗学を研究していたため「朳」を知っていて、空曹時代の航空自衛隊総合演習で三沢基地に行った時には八戸市内の博物館や民俗資料館、図書館を回って色々調べました(記念にミニチュアの烏帽子も購入しました)。
「朳」は農耕馬の首の形を模して後頭部の毛を表わす飾りがつき、鶴や亀に松などの吉祥画を描いた巨大な烏帽子をかぶり、先端に鳴子板や金輪とつけた「ジャンギ」と言う棒を持った3人から5人の「太夫(たゆう)」と笛や太鼓、手平鉦などの楽器を演奏する囃子方(はやしかた)、囃子や田作り風景を詠った祝言の唄い手などの20人以上が組になって「藤九郎(とうくろう)」をリーダーに門つけしながら商店街や農家を回ります。この「ジャンギ」は田植えの前に水田をならし、音で雀や害虫を追い払う柄振(えぶり)=朳であり、呼称の由来と同時にこの儀式・祭礼が「田楽(でんがく)」から派生したことを示しています。
祭礼としては楽器の演奏と唄い手の歌唱に合わせて太夫がジャンギを地面に突き立て、前屈して烏帽子で地面を擦りながら踊りますが、「擂り始め」「中の擂り」「擂り納め」の3部構成で合間に「松の舞」「恵比寿舞」「大黒舞」などの祝舞(しゅくまい)や田植えを滑稽に演じる「田植え漫才」、曲芸風の「金輪切り」、厚化粧された子供=稚児の「エンコエンコ」などの余興舞が演じられます。また太夫の舞い方にはユックリした動きの「ながえんぶり」と早い動きの「どうさいえんぶり」の2種類がありますが、途中で「ごいわい唄」が入り、「神酒いただき」になる「ながえんぶり」もあるようです。また「どうさいえんぶり」用の烏帽子には5色の前髪ついていますが、「ながえんぶり」用にはありません(「藤九郎」用には花の飾りがつきます)。
そんな五穀豊穣を願う伝統祭儀の「朳」も明治初期には青森県が全国の府県に倣って発布した「門つけ・物乞いへの施し禁止令」に該当すると禁止されましたが明治14(1881)年に旧・八戸町内の長者山新羅神社の神事として復活され、明治30(1897)年からは同神社の相殿(=合祀)神の稲荷大神の神輿行列に随行するようになり、明治42(1909)年にそれまで小正月3が日=太陰暦の1月14日から16日だった日程が伊勢の神宮の祈年祭に合わせて現行の2月17日に改められました。現在も門つけに出発する前に長者山新羅神社に参詣しています。
野僧が津軽で調べた古文書では江戸時代には五穀豊穣と忌み祓いを祈願する田楽の社中が村々を回り、庄屋の家に宿泊したとありましたが、大名行列を銃撃して藩主の暗殺を企てるほど険悪だった南部藩と津軽藩の間で「朳」の交流が可能だったのかは不明です。津軽を含む東北地方北部に広く所在するイタコたちは下北半島の恐山の大祭に集っていましたから宗教行事は黙認されていたのかも知れません。
  1. 2023/02/16(木) 14:38:55|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<続・振り向けばイエスタディ402 | ホーム | 続・振り向けばイエスタディ401>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/8240-e6c2355d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)