fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

続・振り向けばイエスタディ418

「新潟が殺られたか・・・」ニューヨークの職場では点け放しにしてあるテレビの24時間ニュースが新潟市内への弾道ミサイルの着弾を速報し、女性アナウンサーが口にした「ニ―ガタ」と言う地名にパソコンでインターネットを検索していた杉本が振り返り、画面を見て事態を確認した。杉本は息子を影虎と命名したことでも判るように実は新潟県人なのだ。
「SS20と思われる中距離弾道ミサイルが2発、石油貯蔵タンクと駅前に着弾した模様です。貯蔵タンクは爆発、炎上しています。駅前の被害については不明です。なお放射能は検知されておらず通常弾頭だったようです」女性アナウンサーの早口の説明を聞いて杉本はパソコンで日本上空からの衛星画像のサイトを検索した。
「東基地に落ちたか・・・」偶然なのか新潟県上空の衛星画像が検索できた。日本は夜間なので解像度は低いが海面が月明かりを反射しているので海岸線は識別できる。その見慣れた地図の通りの海岸線の一角の円形のタンクの間でオレンジ色の炎が燃え広がり、大量の黒煙が上がっていることは画面の一部が覆われて見えなくなっていることで判る。
「東京、横田基地の在日アメリカ軍司令部の発表ではロシア軍は前後2回に分けて12発と4発の中距離弾道ミサイルをシベリア内陸部から発射しましたが、日本海上空で日本のネーバル・ジエータイ(海上自衛隊)のイージス護衛艦が最初の12発を撃破し、地上配備のPAC3が次の4発のうち2発を撃破したとのことです」「ふーん、PAC3でも弾道ミサイルを落とせるんだな」テレビの前にできた人垣の中で岡倉が元高射特科幹部らしい評価を口にしたが落下地点になった新潟県人としては16発中の2発でも打ち漏らしは許し難い。
「駅前の方は意外に大損害だな」続いて衛星画像を新潟駅前に移動させて画面を拡大した。すると肩越しに本間が覗き込んだ。本間も春日井駐屯地の第10輸送隊で勤務していた時、長距離車両操縦訓練で新潟県を縦断したことがある。ただし、宿泊したのは新発田駐屯地だったので新潟駅前は通過しただけだった。
新潟市は原爆投下の第3目標だったので空襲を受けずに駅も無傷で終戦を迎えた。そのため他の都市のように破壊された市街地の再開発として駅前を整備する必要がなく、海抜が低いこともあって地下街の建設は杉本が大学進学で新潟市を出るまで行われなかった。ところが衛星画像では駅前ビルの地下街に続く歩道の入り口付近が深く抉れ、大きく陥没している。
「SS20の通常弾頭の威力の破壊力は大したことないはずだが何でここまで壊れるんだ。欠陥工事だったのかな」「まさかァ、韓国じゃあないんだから」アジア語圏担当の夫婦の会話にアラビア語圏が専門の松本は意外そうな顔をしたが、韓国のホテルやデパートが自然災害や大規模火災で欠陥を露呈する事件は現在も繰り返されている。
「確かにアメリカがイラクやシリアに射ち込んだ弾道ミサイルでも建物は残ってますよ」「ウクライナのロシア製も似たようなものでした」疑問の解決にならない情報が新米2人から提供された。湾岸戦争以降の武力紛争では攻撃側が兵器の威力と戦果を誇示し、被害側は兵器と戦術の残虐性を喧伝するために破壊された建物などの映像を公表するようになっているが、ミサイルが命中した壁を突き破って中で爆発しても建物全体が崩落することはあまりない。あれが空対地ミサイルや小型の短距離弾道ミサイルだったとしてもこれは被害が甚大に過ぎる。
「考えられるのは弾道ミサイルに最新型の超強力な通常弾頭が装填されていた可能性」「それはかなり確度が高い噂として聞いています」松山1佐の見解に岡倉が賛同したが、中国が巨額の資金を提供して長年の技術的蓄積を持つロシアが高性能な兵器を開発する協力体制が確立していることはこの業界では常識だった。
「もう少し簡単な手段なら工作員が爆弾を仕掛けていてそれに誘爆したってのが第2の可能性だ」「それは弾道ミサイルとは別にテロとしてでしょう」松本の補足説明に松山1佐がうなずいた。インターネット上の書き込み記事によれば佐渡島からの島民の避難を受けて新潟市民の県外への移住が始まっていて「市内に残っているのはロシア軍の上陸を手引きし、協力する目的の在日半島人や公務員労組が大半」と言われているらしい。今回、争って地下に避難したのも「ロシア軍が中距離弾道ミサイルを発射する」との事前情報を得ていたからではないか。
「それにしても合計16発をどこに落とすつもりだったんだろうか」「ロシア軍は前回の発射で海上のイージス艦の迎撃能力の高さは痛感したはずだ。だから初弾の半数を落とされると踏んで護衛艦の隻数(当初の編制)の倍を発射した。そして追い討ちに4発、つまり10カ所を狙っていたと考えるべきだな」「佐渡と輪島、経ヶ岬のレーダー・サイトに小松と新潟の滑走路、そして東西の石油貯蔵タンク」「余りは新潟市内にバラ撒くつもりが余りの方が残ってしまったと言う訳ですね」流石に海外情報要員の分析は現実的で詳細なようだ。
  1. 2023/03/05(日) 14:35:47|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<3月6日・東照神君の父君=家パパ・松平広忠の命日 | ホーム | 今度こそ逝ったのか?大川隆法教祖の訃報>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/8275-73c35296
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)