fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

「出歯亀」の由来になった犯人による事件が発生した。

明治41(1908)年の明日3月22日に現在では完全に死語になっていますが野僧が子供の頃には覗きや痴漢、つき纏いから強制性交などの変態嗜好の男を罵る俗語だった「出歯亀」の由来になった犯人による強▲殺人事件が発生しました。
事件は現在の東京都荒川区大久保の銭湯・森山湯の近くの空き地で電電公社(当時)の電話交換局長の妻が性的暴行を受けた上で殺害され、口に手拭を詰められた遺骸が発見されたもので、警察は女湯覗きの常習犯だった近所に住む植木職人の池田亀太郎▲(「さん」欠く)を3月31日に逮捕しました。
すると新聞はこの事件そのものよりも犯人の「出歯亀」と言う呼び名=仇名に着目して事件の代名詞として使い始めましたが、現存する手配写真でも厚い唇では覆いきれないような出っ歯が特徴的で「容姿と名前に由来する」と言われれば納得できます。その一方で逮捕後に新聞記者が近所の住人に仇名の由来を調査したところでは「やたらに人の話に口を挟む出しゃばりの亀太郎」の性格説や「興奮するとやたらに出刃包丁を持ち出す亀太郎」の素行説もあったようです。結局、植木職人と言う堅気の仕事は持っていても変態的行動は目に余っていたようで警察が1週間余りの捜査で逮捕に踏み切ったのは地域住民の証言が多数集まっていたからでしょう。
逮捕後は素直に取り調べに応じて犯行を認めていましたが、裁判に入ると証言を一転させて「自白は強要されたものだ」と無罪を主張しました。しかし、判決は無期徒刑=現在の無期懲役で控訴したものの有罪は覆らず結局13年間服役しました。ところが出所後は事件の顛末を講演して回って収入を得たようです。それにしても日本初の映画館の開業は明治36(1903)年10月1日なので池田亀太郎▲が出所した頃には庶民の娯楽はかなり発展していたはずですが、金を出してまで10数年前の強姦殺人事件の顛末を聴く好奇心は全く理解できません。むしろこちらの方が変質的=偏執的ではないでしょうか。
変態事件の代名詞になった「出歯亀」はその後の類似した事件に用いられることで意味が多様化して収拾がつかなくなっていきました。初期は好色な男性を意味していましたが、やがて幅広く色情狂的な覗きや痴漢、追跡などから池田亀太郎▲の事件の強制性交、強姦殺人を意味するようになり、それが変態的行為を強調するようになって遂には強姦殺人そのものを指す単語に変質したのです。
さらに文豪・森鴎外さんは人間の在りのままを描く自然主義文学が真実暴露と称して性的描写を多用することを揶揄して「出歯亀主義」なる造語を用いました。すると「出歯亀主義」は社会道徳の破壊を批判する言葉に発展して共産主義者や無政府主義者にも使われるようになりました。また変態的行為や性的暴行を意味する「出歯る」と言う動詞が流行するとそれが怪しい挙動を表すように拡大されて日常生活の中で「出歯ってるぞ」などと注意する言葉になって昭和の間は残っていたのです。
「出歯亀」的行為は現代でもストーカーや盗撮趣味、痴漢に強制性交として続いていますが単語が消えてしまったのは何故でしょう。
  1. 2023/03/21(火) 14:38:02|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<続・振り向けばイエスタディ435 | ホーム | 続・振り向けばイエスタディ434>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/8308-6290f8ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)