fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

6月1日・日本の気象記念日

日本限定で6月1日は明治8(1875)年の明日6月1日に赤坂葵町の東京気象台が気象と地震の観測を開始して初の天気予報を発表したことを記念する「気象記念日」です。この時の予報は「全国一般風ノ向キハ定マリナシ、天気ハ変リ易シ、但シ雨天勝チ」と言う全国一律のものでしたが東京府内の派出所=交番の掲示板に貼り出され、明治17(1884)年6月1日以降は1日3回貼り替えられるようになりました。
野僧は航空自衛隊の一般空曹候補学生基礎課程に入隊して最初の教育班長が気象特技の2曹で、それ以降も曹候学生1期の気象幹部(ウガンダ人道派遣でケニアに赴任した)や小松基地の気象隊長だった2佐、後の気象群司令の1佐などと一緒に勤務して気象に関する雑学を仕入れ、春日基地では新米兵器管制幹部として各レーダーサイトに気象情報を周知することになったため個人的にオフを利用して基地の気象隊に通って個人授業を受けたので妙に詳しくなってしまいました。
日本でも古来、農業や漁業に直結する気象観測と天気予報はかなり高度な水準を保持していましたが(実際、全国各地の航空気象隊では地元の漁師や農家に地域で伝承されている天候急変の予兆を調査・研究しています)、温度計や湿度計、気圧計などの数値化する器材の発達が遅れていたため西洋文明を妄信する明治政府に否定されて他の自然科学と同様に初心者として外国人から習うことになりました。
先ず明治5(1872)年に北海道の函館の開拓使の官舎に気象測量所を開設したことが始まりで、明治6(1873)年には工部省測量司のスコットランド人技師が国費で観測機器を1セット購入させてスコットランド気象協会と技術提携を結びました。ところが明治7(1874)年に測量司が工部省から内務省に移管され、これに民部省土木部の一部が合流したため測量司は地理寮(現在の国土地理院)の下部組織に格下げ吸収されました。しかし、内務省が水産業の近代化を進めていたイギリス人の海洋学者に気象観測の重要性を強調されて一転、東京気象台の設置が実現したのです。その後は明治20(1887)年に東京気象台を中央気象台に改称し、敗戦後の占領下にアメリカ式の航空機や遠洋での情報を組み込んだ地球規模の気象観測を学習し、昭和31(1956)年に運輸省の外局の気象庁として官公庁の仲間入りを果たしています。
しかし、組織は巨大化して気象衛星を含む機材は最先端をいっている割には予報の的中率が少しも向上しないのは何故でしょう。航空自衛隊の気象隊=エア・ウェザー・サービスはAWSの略称から「当たらん、判らん、知りません」と揶揄されていますが、雷雨の予報を出して訓練を終えて基地に戻る戦闘機を隣りの基地に向かわせて燃料切れで墜落してパイロットが殉職する事故がおこった時、雷雨が発生しなかったことで予報官は誤報の責任を問われて重い懲戒処分を受けています。また突発的な横風で離陸中の練習機が滑走路を外れて擱座してパイロットが殉職した事故でも同様の懲戒処分を受けています。つまり航空気象隊の予報にはパイロットの生命が賭かっていて誤報には処罰が伴うのに対して気象庁やテレビの気象予報士はヘラヘラと笑って誤魔化せば済む程度の軽いお仕事なのでしょう。その割に次々に大規模自然災害で脅しをかけて観測のための国家予算を奪っていますが地震の発生予測が当たったことはありません。
  1. 2023/05/31(水) 14:45:41|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<続・振り向けばイエスタディ506 | ホーム | 続・振り向けばイエスタディ505>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/8462-aeba51c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)