fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

7月18日・東京都杉並区で初の光化学スモッグが発生した。

日本人が大阪万国博覧会で「こんにちわ、こんにちわ、世界の国から」と浮かれていた昭和45(1970)年の明日7月18日に東京都杉並区でも環状7号線に近い立正中学・高校で43名の生徒がグランドでの体育の授業中に倒れ、日本では初となる光化学スモッグによる健康被害が認定されました。
光化学スモッグはオゾンやアルデヒドなどの気体成分と硝酸塩と硫酸塩などの固体物質の微粒子が混合した大気が発生させる人工的な環境上の現象です。原因としては工場や自動車の排出ガスに含まれる窒素酸化物や炭化水素が上空で太陽光線の紫外線によって光化学反応を起こしてオゾンなどを発生させることで、このため太陽光線が強くなる夏の昼間に多発するようです。
光化学スモッグが最初に発生したのは1940年代のアメリカ西海岸のカリフォルニア州ロサンゼルスとされていて地形が盆地状のため空気の滞留が起こりやすく、人口が1920年代から3倍増して移住者が持ち込んだ自動車と労働力を獲得して次々に建設された工場からの排出ガスが市街地の上空を覆い、1943年9月8日には昼間でも空が暗くなるほど濃いスモッグが立ち込めて呼吸器障害や目の疾患などの健康被害が大量発生しました。
1944年になると農作物など植物への被害も報告されるようになりましたが、スモッグにはロンドンなどで見られる冬場に暖房として焚く石炭を原因とする黒いスモッグとロサンゼルスで発生するようになった自動車の排出ガスを原因とする白いスモッグの2種類があって、このうち白いスモッグの原因物質が太陽光の影響で光化学反応することが確認されて「フォトケミカル(=光化学)・スモッグ」と言う呼称が付与されました。
日本でも昭和40(1965)年頃から近畿地方や四国で、昭和45(1970)年には関東でも農作物=葉野菜に白い斑点ができる異常現象が報告されていましたが人間への健康被害が出なかったため放置されていました。ところがこの事態と原因が報道されると全国各地で同様の健康被害が報告されるようになり、各自治体も観測体制を整備して「光化学スモッグ注意報」を発令するようになると昭和48(1973)年には発令日数が300日を超えました。しかし、それからは工場や自動車の排出ガス規制やガソリンなどの燃料からの有害物質の除去技術の進歩の効果が表れ始め、昭和59(1984)年には100日を切りました。この時期は工場排水による水質汚濁=ヘドロの海も社会問題になっていましたが、昭和の日本が本気になれば同時進行で解消したようです。
ところが近年では共産党中国や韓国の沿岸部の工業化の進展を受けて海を越えて飛来するPM31などの有害物質の増加が著しく日本海側や季節風が吹き抜ける地域で光化学スモッグが観測されるようになって、特に千葉県では環境問題を得票につなげてきた社民党選出の女性知事だった2002年に県としては28年ぶりに光化学スモッグ注意報を発令しました。
ところが日本政府がこちらも同時進行で深刻化する海洋汚染と合わせて被害国として共産党中国に環境技術の供与を申し入れても「生産性が落ちる」と拒否し、「過去に環境を破壊していた日本に被害を訴える権利はない」とうそぶきながら「新手の環境ビジネスだろう」と揶揄しています。
  1. 2023/07/17(月) 14:49:12|
  2. 日記(暦)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<続・振り向けばイエスタディ550 | ホーム | 続・振り向けばイエスタディ549>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/8554-65e3952f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)