fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

続・振り向けばイエスタディ572

「こんばんわ、こんばんわ、こんばんは、も一つおまけにこんばんわ。北海道を守ってくれている自衛隊の皆さん、ゆきうさぎです」帯広駐屯地の隊員食堂では森田予備2曹の妻・照子が札幌で放送している前線の自衛隊向けのFM放送が流れていた。同じ食卓の向かいで食べている伊倉2佐も飯を口に運ぶのを止めて聞き入ったところを見ると単なる娯楽以上の内容があるらしい。それとも伊倉2佐好みの楽曲が流れるのかも知れない。
「先ずはニュースからです。北海道では自衛隊のおかげで侵略者を降伏させることができましたが、これを受けて道庁記者クラブのマスコミ関係者に現地取材が許可されたようです」このニュースは私たちも知っている後追い情報なので伊倉2佐が「道庁と北部方面総監部が事前審査している」と解説した。
確かに大正期にスターリンの世界共産革命戦略=第3インターナショナルに組み込まれたままソビエト連邦崩壊後は中国共産党が引き継いでいる日本のマスコミの実態を考えると戦場の報道はこのくらい慎重であるべきだろう。
カンボジアPKOで日本の記者たちは自衛隊の宿営地や作業現場周辺に住む老人に「日本軍に再占領される気分は」と反発を煽るインタビューを繰り返していた。ところが現地の老人たちは「日本軍は規律正しく親身で、あのまま日本軍が占領していてくれればポルポトがのさばることはなかった」と若い記者たちが日本で習っていた断罪史観とは真逆の事実を語り、かえって老人が若者や子供たちに日本軍の占領政策を語る切っ掛けを作っていた。また北キボールPKOではマスコミに雇われたフリージャーナリストが跋扈し、現地の若者に武器を買い与えて宿営地近くで発砲させて「自衛隊の宿営地が銃撃された」と言う記事を捏造した。さらに自衛隊の市街地整備が住民の支持を集めると「感謝のパレード」を提案し、スペイン語しか読めない参加者に「ジャパン・グランド・セルフ・ディフェンス・フォース、ゲット・アウト(日本陸上自衛隊、出ていけ)」「同、ゴー・ホーム(日本陸上自衛隊、家に帰れ)」と英文で大書した横断幕を渡して写真を日本に送り、「現地住民の反対デモが発生した」と報道させた。ところがご丁寧に「グランド・セルフ・ディフェンス・フォース」と言う特殊な英文を使ったため馬脚を現していた。
「今日も最初は愛媛県の私の旦那さんのパパからの提案で捕虜収容所に入っている兵隊さんにロシア民謡を送ります。今日の曲は『赤いサラファン』です」「おッ、好いねェ」「愛媛の旦那さんのパパって・・・」私と伊倉2佐は意外なところで好みが一致したようで哀愁漂う曲で嫁入りを拒む娘を母が外套を縫いながら説得する対話が歌詞のロシア民謡に感嘆の声を上げたが梢だけは提案者が森田敬作定年2佐であり、DJのゆきうさぎが森田謙作予備2曹の妻であることを推理した。それにしても捕虜にロシア民謡を聞かせて望郷の念を煽り、「早く帰国するためには真面目に生活することだ」と教える心理操作はかなり高度で流石は我が同期で航空自衛隊の警備の神さまだ。
帯広での調査が終わると翌日は警務車両で千歳基地まで送ってもらった。往路は陸上総隊幕僚長以下の視察団一行に同乗したので中部航空方面隊司令部支援飛行隊のUー4だったが帰路は懐かしのCー1になった。私としてはビジネスジェット機のUー4よりも傑作輸送機のCー1のハンモック式の座席を梢に体験させられることが嬉しい。梢も私と別れた後、那覇空港を離陸する迷彩塗装の機体を見送って涙ぐんでいたCー1に乗れることを喜んでいる。そして夜は千歳市内にある元々義弟の玉城松真元准尉の自宅に招かれた。
「モリヤボージヌ、久しぶりです」「ハイサイ、こちらが・・・」「新しいネエネねェ。やっぱりチュラカーギさァ」松真には梢も沖縄県人であることは教えてあるのでシマグチ(沖縄方言)の連射になる。松真は私が尉官だった頃は「2尉ニ=ニイニ」、佐官になってからは「2イ佐ン=ニイサン」と呼んでいたが今は沖縄方言で「ボージヌ(坊主)」だ。それにしても最初に結婚した美恵子の弟で2度目の佳織にも会ったことがある松真に「新しいネエネ=義姉」と呼ばれても困ってしまう。ただし、沖縄方言でチュラカーギ(美人)と言われたのは手放しで嬉しかった。玉城家では泡盛を飲みながら松真からは千歳基地を封鎖するために韓国からの旅客機が爆破された事件、妻の美代子元曹長からは警衛隊長として対処したFー15の破壊工作の説明を聞くことになった。
  1. 2023/08/09(水) 15:45:24|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ヒロシマ市長の妄言をさらに歪曲するマスコミ | ホーム | 8月9日・釜石市に2度目の艦砲射撃と空襲が加えられた。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/8600-c79fafd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)