fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

そろそろ国際連合人権委員会に懲罰を与えるべきでは。

ニューヨークで開かれている国際連合総会にウクライナのソレンスキー大統領が出席して「世界平和を実現するために常任理事国でありながら侵略と言う犯罪行為を行ったロシアを敗北させなければならない」と宣言して武器供与を中心とする支援の継続を要請した9月19日に同じくコメディアン出身の沖縄県のデニー玉城知事がジュネーブで開かれている国際連合人権委員会の理事会で「沖縄にはアメリカ軍基地が集中しているから戦争に巻き込まれる危険が高い」とジョークとしか思えない演説を打ち(ぶち)ました。
それにしても国際連合人権委員会は日本にとって百害あって一利なしの組織で、今回の玉城知事と同様に日本国内で支持が得られない亡国的活動家が何故かジュネーブの人権委員会の理事会に出席して勝手な持論を打つと新聞やテレビは「国連で演説」と「人権委員会」を削除した見出しで報道して記事や画面の隅に表示してある発信地を確認しない読者・視聴者は「国際連合で受け入れられた」と早合点するのです。
それだけではなく1992年には朝日新聞が捏造した日本の慰安所経営者が朝鮮半島の妓生を買って戦時売春婦にした問題を日本人弁護士の戸塚悦男(静岡県浜松市出身)が「強制連行」「性奴隷」などの造語で一方的に断罪したのを真に受けたクマラスワミ委員長(キリスト教徒のスリランカ人)が全面的に日本の責任を認める許し難い過ちを犯し、それを本来は旧ユーゴスラビア紛争やルワンダ虐殺における戦時の性犯罪が対象だった1998年のマクドウーガル報告でも踏襲しました。
現在も男女同権の活動家が日本での女性の管理職の比率が低いことを根拠に男女差別を訴えて非難させ、日本的家族制度を嫌う女性団体が親による体罰を家庭内暴力と主張するとそれをマスコミが国際社会からの批判のように報道する手法が常習化しています。
日本人は満州事変を受けて派遣されたリットン調査団の報告を不満として1933年に国際連盟を脱退したことが第2次世界大戦に参戦した原因と信じ込んでいるので敗戦後に独立を果たしてからは国際連合への加盟を悲願として1958年に加盟してからは日米同盟以上に信頼し、世界2位の分担金を拠出するなど尽力するようになっています。
特に日本人が国際連合の要職を務めると世界に貢献している偉人と想いがちですが、国際連盟でも初代の新渡戸稲造さんに続き杉村陽太郎さん(どちらも岩手県盛岡市出身)が2代の国際連盟事務次長を務めていました。
しかし、国際連合の実態は加盟国の国益・利権の争奪戦と多数派工作の修羅場に過ぎず創設以来、ソビエト連邦が反アメリカ的ヨーロッパ人の巣窟になっているジュネーブに所在する国際連合の機関を略奪し、共産党中国が引き継いでいるのは紛れもない事実で、アメリカはレーガン政権が1983年にユニセフが発展途上国で行っている反米教育に抗議して分担金の拠出を拒否して以来、個別の事案に応じて減額、拒否を繰り返しています。
本来であれば日本もクマラスワミ報告とマクドウーガル報告に抗議して人権委員会への割り当て分の分担金の拠出を拒否するべきだったのですがマスコミに敵視されていた安倍政権にはできなかったのでしょう。岸田政権には期待するだけ無駄です。
  1. 2023/09/21(木) 15:12:32|
  2. 常々臭ッ(つねづねくさッ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<続・振り向けばイエスタディ616 | ホーム | 続・振り向けばイエスタディ615>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/8688-fcf7b0c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)