fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

続・振り向けばイエスタディ630

「遅くなったな。今夜の散歩は無理だろう」「うん、あんな事件が起きてしまっては帰れないだろうって思ってたわ」私は最高検察庁の小部屋の執務室のパソコンでクジテレビの占拠事件に関するネット・ニュースを見ていて帰宅が遅くなった。
日没後に始まった警視庁による制圧は国営放送が独占配信したが、現場への同行は許されなかったようで取材ヘリからの中継映像だった。先ず数隻の水上警察の警備艇が埋め立て地に接近して警備に当たっている暴徒の歩哨を次々に射殺して回り、続いて国道の連絡橋から東京に限らず首都圏の保有車両を全て掻き集めたのかと思うほどの台数のパトロールカーと救急車が無音・無灯火で渡ってきた。数十分前までは千代田区の最高検察庁でも多くのパトロールカーや救急車のサイレン音が聞こえていたが集合場所へ急行するために緊急車両にしたらしい。それでは行動の秘匿にはならない。
パトロールカーはクジテレビの巨大な社屋を取り囲むように停車すると運転席以外のドアが一斉に開き、下車した警察官たちが大半は社屋に突入し、一部は敷地内の捜索を始めた。その時、社屋の周囲の芝生に10数人の人間が倒れているのが映ったがアップにすることなく別の方向にカメラを振った。ヨーロッパのニュースであれば視聴者に事実を伝えるために悲惨な光景であれば尚更クローズアップして中継するが日本では「PTSDの発症を避けるため」と称してテレビカメラの目を逸らせている。平成以降の自助努力・自己責任を放棄した日本人は嫌なら目をつぶることも忘れたようだ。
「クジテレビの女性アナウンサーたちは犯されているところをテレビで放送されたでしょう。女性として耐え難い・・・苦痛なんてものじゃないわ」「女子アナだけじゃなくて局内で居合わせた女優や歌手、アイドルにお笑い芸人に裏方の女性たちまで中継されていたな」私が居間で国営放送の中継番組を見ていると夕食を運んできた梢が声をかけた。梢も私と別れた後、職場の宴席で泥酔させられて意識を失い、アパートに送ってきた同僚の谷茶満庫に強制性交されて撮影した写真で脅されている。その苦悩を知る梢には女性たちの思いが共有できるのだ。私も谷茶にはシベリアで拘束された空軍基地で会っているが策略を巡らしてロシア軍にスパイ容疑で逮捕させ、間もなく遺骸で発見されたと聞いている。このことは梢には話していない。
「ウチはクジテレビの報道番組をよく見るでしょう。あのアナンサーたちも被害に遭ったのよね」「そうなるな・・・新婚ホヤホヤの娘もいただろう」梢が前に座り、手を合わせて食べ始めたが食が進まない話題のままだった。我が家では民放のニュースは保守系のクジテレビを見ている。同じく保守系の巨人テレビは関東圏では佳織と夫婦だった頃は伊丹のママさんに録画したDVDを送ってもらっていた「なかじんのそこまで行って委員会」が視聴できないため野球嫌いの私には見たい番組が少ない。
「ここで警視庁記者クラブからお伝えします。警視庁は今回の制圧は特殊な事案のため現時点では公表できないが、局内に立て篭もっていた暴徒は大半を逮捕してこれから移送するとのことです。なお、死者数は現時点で確認できているだけでも300人を超えており、加えて敷地内で投身自殺した女性アナウンサー11人の遺体を収容したとのことです」この発表は音声と字幕だけだった。画面は突入から1時間以上が経過して多くの担架が運び出されているが、救急隊が設置した行事用テントの仮設診察所までで引き返していく。それ以上の数の担架が駐車場の外れに運ばれ、載せてきた毛布を掛けた丸太状の物体を並べて戻っていく。そこが遺体の一時安置所だった。
「自死しちゃったのね。気持ちは解るけど残念だわ」梢は台所で調理していたので先ほど国営放送の中継ヘリコプターが上空から芝生の上に並んで倒れている人間を映した映像を見ていない。一方、私はその映像をサイパン島攻略戦でアメリカ軍に追い詰められた日本人女性たちが断崖絶壁から次々に身を投げて従軍カメラマンが覗き込んで撮影した海面に多くの遺骸が浮かんでいる場面に重ねていた。
「今からお経をあげるんでしょう」「しかし、社長はカソリックだけど社員は佛教で良いのかな」食事を終えるとシャワーの前に梢が声を掛けた。顔を知っている女性アナウンサーを含む多くの犠牲者の供養はやはり念入りに厳修しなければならない。
  1. 2023/10/06(金) 14:35:12|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<10月7日・立命館大学の創始者・中川小十郎の命日 | ホーム | 陸上自衛隊は帝国陸軍の「暁」船舶部隊を復活させろ!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/8717-f88b157f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)