fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

続・振り向けばイエスタディ635

東京都内は首都高速道路と主要な幹線道路で発生した大火災で高架式の鉄道も被害を受けて交通手段は地下鉄に限定されてしまっている。消火活動中の消防隊員たちが銃撃を受けて鎮火が遅れたのも原因だ。そのため「業務に支障がなければ登庁は控えるように」と比較的遠距離通勤の私には連絡が入り、近所のコンビエンスストアで買い集めてきた新聞各紙を読んで新潟方面の戦況を研究することにした。テレビはニュースに限らず放送時間が長いワイドショーまで都内の被害しか取り上げていないのだ。そんな中、多くの局員を失ったクジテレビは過去のドラマの再放送だけを流している。
「何だこれは」我が家で購読している3K新聞以外の新聞から読み始めると初っ端のA日新聞にとんでもない記事が大きく載っていた。この怒声に座卓の向かいで3K新聞を読んでいる梢が驚いたように顔を上げた。
「そんな怒るような記事が載ってたの・・・私は気がつかなかったけど」出勤前に速読する私と家事の合間に熟読する梢では新聞を読む速度が違い、まだ2面に入ったところのようだ。私の怒りは社会面の弁護士会の記者会見の記事だった。
「東京の弁護士会が記者会見を開いたんだそうだ」「弁護士会だったら毎度の『日本が悪い』ね。でもクジテレビの事件や都内の大火災で日本が悪い点は思いつかないわ」私の説明に梢は推理を働かせたが回答を得るにはまだ情報不足だった。
「日本と中国は国交を断絶していない。日本は防衛出動も発令していない。だから戦争状態にはない。ならばクジテレビや都内の火災の犯人が仮に在日中国人だったとしても通常の刑事被告人として個別に証拠を提示して立件・告発しなければならない。弁護団としては公判で細部まで検証して証拠偽造は絶対に許さないそうだ」「それってオランダの仕事で聞いた覚えがあるわ」オランダでは国際刑事裁判所の次席検察官だった私の秘書兼通訳として過ごしていただけに梢はこの説明だけで正解に辿り着いた。梢が言う通り私が初めてアフリカへ出張して現地調査を手掛けたコートジボワール内戦の前大統領を被告にした裁判で同様の法廷戦術に遭遇した。
コートジボワール内戦の裁判は旧宗主国のフランスが常任理事国としての権力を背景に前大統領の戦争犯罪を告発する形で始まったが、私が調査した実態は主要産業のカカオ豆の生産と輸出などの国有化を進める前政権を追い落とすためにフランスが政権交代を策謀して反政府暴動を起こさせた。それを前政権が制圧しそうになるとフランス軍が進駐して形勢を逆転させたまま停戦させた。しかし、前大統領の弁護団はこの内戦が治安の維持を目的とする政府軍と反政府勢力の暴徒の武力衝突に過ぎず、戦争ではない以上、通常の刑事裁判として審理を進めるべきだと主張してそれを国際刑事裁判所の判事部が認めた。そのため我が検事部は戦闘で大量に発射した弾丸を回収しての血液鑑定でどれが誰を殺害したのかを明らかにし、ライフルマークによって発射した小銃を特定して加害者を割り出す膨大な証拠集めに追われて力尽きた。それでも私の実態報告を聞いていたモレソウダ首席検察官は平静を保ち、ベルギー人でフランスの圧力に屈して立件資料を作成したリミッド次席検察官は何故か安堵した態度を見せていた。ちなみに私は公判には参加せず世界各地から届く告発のこぼれ球拾いを担当していた。
「中国は在日中国人に対して国防法を発動したんだ。少なくとも向こうは公式に戦争を始めている。弾圧は許されないが強制収容や国外退去は自衛措置の範囲内だろう」「そう言えば今度はアメリカの日系人強制収容の過ちを繰り返すなって騒ぐのね」梢の意見に私も同感だった。国営放送は在日中国人がクジテレビの事件や都内の大火災を起こしたと報じなければならなくなると関東大震災後の自警団による朝鮮人虐殺を紹介して自制を促す教育的指導番組を放送した。今回は真珠湾攻撃の後、フランクリン・ルーズベルト政権が大統領令9066号で太平洋沿岸に居住する日系人を内陸部に強制収容させたことを人権弾圧と言い出しかねないが、朝鮮人の虐殺はその頃に頻発していた朝鮮人による凶悪犯罪が根拠だったように当時のアメリカは真珠湾攻撃で太平洋艦隊が壊滅していて日本軍が陸軍の上陸部隊を乗せた艦隊を派遣しても阻止する戦力と手段がなかったのだ。つまりこちらにも根拠=必然性があった。
  1. 2023/10/13(金) 14:27:13|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<至極当然!2030年札幌冬季オリンピックの誘致断念 | ホーム | 10月13日・現代の聖餐・ウルグアイ空軍機がアンデス山脈で遭難した。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/8733-86224656
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)