fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

続・振り向けばイエスタディ639

「そう言えばプライムミニスター(首相)が復帰したんだよな」アメリカ海軍のPー8ポセイドン対潜哨戒機の機長になっているモリヤ志緒大尉は日本海から東シナ海を飛行するため母基地の三沢から厚木基地、岩国基地、嘉手納基地を巡回しているが、どの基地でも在日アメリカ軍の軍人たちは一向に進展しない戦況に苛立っていた。
結局、石田首相は自衛隊中央病院を脱走して首相官邸に乗り込んだまま職務復帰したのだが立野官房長官から戦況の説明を受けると普通科連隊の突入に先立つ特科部隊の砲撃で新潟県庁や新潟市役所、大学や小中学高校の建物を破壊したことにかなり憤慨した。そうして閣議室に戻るとモニター参加している釜田防衛大臣を「破壊した施設にロシア軍が所在したのか」と糾問したことで攻勢作戦が停滞した。
「そうなるとグランド・ジエータイ(陸上自衛隊)は積極攻勢を中止して包囲・放置って作戦に変更するかもな」「サクラ、Pー8でニーガタを空襲したらどうだ」軍人たちは日本海で新潟に向かうロシアの輸送艦隊を撃滅した実績を有する志緒に打開策を唆してきた。空母機動部隊を運用しているアメリカ海軍は海外の都市を制圧する任務も担当しているので「市街地に潜伏している敵兵を壊滅させるには先ず隠れ家を破壊する」と言う空軍的な論理も認識している。確かにPー8には最大34トン強の兵装搭載量があるので爆雷=空対艦爆弾を地上用の通常爆弾に変更すれば爆撃機の代役は務まる。実は志緒も内心では考えていたのだ。
「しかし、この間JASDF(ジャスダフ=航空自衛隊)のグローバルホークが撃墜されただろう。Pー8の運動性で無理に空襲するのは危険だぞ」「あれは光学モードでの飛行中だったが、グレイハウンドが残ってるんじゃあないのか」先日、戦況を確認するため航空自衛隊が飛行させたRQー4クローバルホーク無人偵察機が新潟市上空で撃墜された。グローバルホークは10000メートル以上の高高度からのレーダーや赤外線による偵察能力に優れるが今回は画像による確認が目的だったため高度はかなり低かった。一方、グレイハウンドとはロシア軍の軍用トラックに2A38M30ミリ連装対空機関砲左右2基と57E6地対空ミサイル12発にレーダーと赤外線の火器管制装置を搭載した96K6パーンツィリS1自走地対空火器のNATO側の通称だ。ロシア軍では西側式の歩兵に携帯させる小型地対空誘導弾よりも通常の軍用トラックに車載できる対空火器を採用している。おそらく開戦初頭に柏崎市の海岸に揚陸させた主力の中に戦車や自走砲、人員用装甲車とは別に通常のトラックに紛れ込ませたようだ。その後の陸上自衛隊のゲリラ戦で装甲式の戦車や自走砲、人員用装甲車は攻撃目標になって大半が破壊されたが、荷物を積んだトラックに見えるグレイハウンドはやり過ごされたのかも知れない。それが今では「窮鼠猫を咬む」の最後の切り札になってる。
「ところでサクラのマミー・ゼネラル(母親の将軍)はアメリカに帰ってかなり活躍しているな」「うん、俺もテレビで見たぞ」「益々美貌に磨きがかかったようだ」志緒は両親が離婚する時、本人の意思でモリヤ姓を維持したが母の親権になった。その母はハワイ州の日系人協会の理事と言うよりもアメリカに帰化した元陸将補としてテレビの報道番組や雑誌で日本とロシア、中国の武力衝突の実態を解説している。母の「自由主義の盟主・アメリカのマスコミ報道と中央政界はチャイナ・マネーによって買収されている」と言う見解はアメリカ陸軍指揮幕僚大学院出身と言う経歴も相まってアメリカ社会に衝撃を持って影響を与えた。このため日米安保条約の発動に反対する議員たちも表立った発言は控えるようになり、在日アメリカ軍の通常任務としての介入は「トモダチ」の一環として黙認されるようになり、それがロシア海空軍を封殺している。中でも日本の監視衛星が中国によって破壊されて以降、盲目状態に陥っていたシベリア方面の監視情報を現場サイドで提供されるようになっているのは大きい。
「マミー・ゼネラルはAFN(在外アメリカ軍放送)の442戦闘団を紹介する番組でデビューしたけどあれが効いてるよな。日系人だけはアメリカを祖国として多大な犠牲を払った。それを学んだ若者たちは素直に賛同した」「新兵教育隊では在日志望の水兵が急増しているらしい」志緒は誇らしい気分で缶のグァバ・ジュースを飲み干した。
  1. 2023/10/17(火) 16:18:33|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<統一教会の解散は当然だが、知っておくべき史実 | ホーム | 10月17日・白瀬南極探検隊の開南丸船長・野村直吉の命日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/8741-dcae43e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)