fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

続・振り向けばイエスタディ658

「航空としては領空に入った時点で西空(西部航空方面隊)をエスコート(随伴)させて重点監視させる予定ですが仮に座席に多数の人間が座っているのが確認されれば先ほどの兵員輸送の疑惑が濃厚になる。しかし、フライトプラン通りのエアウェイ(航空路)を飛行していれば強制着陸などの警察権を発動する理由がない」空幕の首席法務官も同様の疑惑を抱いているらしく対応の限界を愚痴にした。しかし、これは不法行為を前提にする対領空侵犯措置を専業にしている航空自衛隊の認識不足でもあった。
「アラート対処で警察業務を遂行しているJASDF(航空自衛隊)には日蓮にお題目かと思いますが警察官職務執行法の2条には『警察官は異常な挙動、その他の事情から合理的に判断して何らかの犯罪を犯し、若しくは犯そうとしていると疑うに足りる相当の理由がある者又は既に行われた犯罪について若しくは犯罪が行われようとしていることについて知っていると認められる者を停止して質問することができる』。同条2項『その場で前項の質問をすることが本人に不利であり、又は交通の妨害になると認められる場合においては質問するためその者に付近の警察署、派出所又は駐在所に同行することを求めることができる』とあります。これは一般的に職務質問の権限を規定していると思われていますが最高裁の判例では持ち物検査や疑惑段階での連行、身柄の拘束にまで拡大解釈されています」「警察の持ち物検査には法的な根拠がないんだな」4人の首席法務官・法務官の中の誰かが今更のように呟いたが、日本の警察は犯罪の捜査よりも予防を重視しているため持ち物検査も職務質問の一環としていて、される側も素直に従っているが法的には拒否しても処罰される根拠はない。
「つまり本来は空便のはずの往路に多数の人間が搭乗していれば何らかの犯罪を犯そうとしていると疑うに足る事象であり、航空機は上空で停止させることは不可能ですから付近の警察署として自衛隊の基地に強制着陸させることは可能です」空幕の首席法務官は私の見解と言うよりも最高検査庁の検察官の発言であることに安堵したようだった。
「さらに同法第5条『警察官は犯罪が正に行われようとしているのを認めたときはその予防のため関係者に警告を発し、又、もしその行為により人の生命若しくは身体に危険が及び、又は財産に重大な損害を受ける虞があって、急を要する場合はその行為を制止することができる』とある。強制着陸させれば武器などが出てくるはずです。多数の不法入国幇助の疑いでも告発可能です」「この条文は治安出動の時に『射つ前には警告しろ』って周知徹底したな」今度は陸幕の法務官が反応した。確かに警務隊本部で確認している戦闘に関する調査資料でも発砲の記述には必ず「警告に関わらず」と言う前置きが付いている。そこが治安出動の警察権の行使には必要不可欠な手順なのだ。
「自衛隊の基地なら陸上自衛隊の部隊が包囲して攻撃準備を整えていても問題ないでしょう。見えるように装甲車両を並べておけばそのまま投降するかも知れません」再び空幕の首席法務官が話を具体化させた。宇部山口空港は亡き加倍首相、双木前外務大臣の地元なので陸上自衛隊の部隊が包囲していても批判されることはなさそうだが、石田首相の広島空港は「歓迎、中国人民解放軍ご一行さま」と書いた横断幕を用意しそうだ。
「そうなると強制着陸させるのは自衛隊の基地と言うことになるが西空管内では築城に新田原に美保・・・芦谷は大型旅客機には滑走路が短い」「板付基地は福岡空港と同居している上、福岡市に隣接しているから避けなければならん」「岩国もあるがアメリカ軍が了解するかだな」美保基地は入間基地と同じくSTOL機(短距離での離着陸が可能な機体)のCー1専用だったが、市街地の入間基地とは違って内湖の中海を埋め立てれば滑走路の延長は容易なので現在は大型のCー2輸送機やKCー46(機体としてはボーイング767旅客機)空中給油機が配置されている。
「問題は中国の旅客機が馬脚を現すかですね。兵員輸送の証拠を掴めなければフライトプラン通りに到着させるしかない」「そうなればサイドワインダーの不時発射で撃墜してしまいましょう」「刑法は戦争法と同じく職務命令を受けていても実行者が処罰されますからパイロットを犯罪者にしてしまいます。数百人の殺害ではデース・バイ・ハンギング(=吊首刑)です」元刑事被告人である私の解説に出席者たちは生唾を呑んだ。
  1. 2023/11/05(日) 15:21:11|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<パレスチナ問題に対する上川陽子外務大臣の危うさ | ホーム | 「イヌ科の狸と犬はどう違うのか?」動物雑感>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/8781-f8b096bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)