fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

続・振り向けばイエスタディ666

「スカイゲートブリッジが封鎖されました」「どちらが」「両方です。空港に向かうJRの列車が乗っ取られて中央付近で停止しています。乗客が下車して線路を封鎖しているようです。車道の方も上下線ともに中央付近で車両が多数停止して人が道幅一杯に広がっています」信太山駐屯地の第37普通科連隊が派遣準備を整えてトラックが出発した頃、関西空港では異常事態が発生していた。りんくうタウンと関西空港を結ぶ通用橋・スカイゲートブリッジが何者かによって封鎖されたのだ。
関西空港は当初、国と大阪府、大阪市、兵庫県、神戸市、和歌山県、徳島県の周辺自治体に大手銀行などの企業の共同出資で設立された新関西国際空港株式会社が土地を保有し、管理運営していたが現在は空域を共用し、運行上融通し合うことが多い伊丹空港=大阪国際空港と神戸空港を一体化させた関西エアポートに移行している。
「中国機の着陸はどうしましょう」「そろそろ燃料切れを言い出す頃だ。着陸させるしかないだろう」関西空港支社長に異常事態を報告した空港の管理責任者は既に2機が着陸している中国の大型旅客機の対応について確認した。
こちらに残った55機の中国の旅客機は国土交通省航空局の管制に従って通常の離発着便に割り込ませるための順番待ちで四国上空を周回していたが、それでなくても過密スケジュールの関西空港では安全を優先した調整は困難を極め、関西エアポートは中国地方や四国の空港への分散着陸を打診したが何故か航空局が拒否した。
「それで警察は出動したのか」「空港署が現場に向かいましたが拳銃を発砲してきたため退避しました。空港署が泉佐野警察署に通報して応援を要請したので現在はりんくうタウンにパトロールカーが終結しているところです」関西空港警察署はH型の人工島でも滑走路とターミナルの島を結ぶ中間位置にある。
国際空港は外国からのテロリストが侵入する玄関口であり、国内の活動家たちも成田空港闘争の延長線上の標的と捉えている可能性が高いので厳戒を要するはずだが、警察庁は空港と原子力発電所を請け負う民間の警備保障会社にこれまでの警棒から1メートル強の警杖の携帯を認めたことでお茶を濁した。それでも刑法の正当防衛・緊急避難の用具の比例原則では加害者側の凶器と同程度の攻撃力でなければ過剰防衛に問われる。つまり警棒であればナイフや包丁と同等とする判例があっても警杖となると前例がなく使用を躊躇させかねない。それでも陸上自衛隊は警備の歩哨に木銃を持たせているが単なる勉強不足だろう。そもそも空港でのテロで対処しなければならないのは刃物よりも出国時の手荷物検査が甘い国から持ち込まれる拳銃や爆発物、毒ガスのはずだ。
「着陸した中国機を放置したままにしておいて良いのか」「それも航空局の指示です。全機が着陸してから乗員を機外に出すと言うことです」支社長の確認に管理責任者は請け売りで答えた。管理責任者は中国機の来日目的を国土交通省が説明した通り在日中国人の帰国と信じているが、急遽の変更後も関係部局から空港ターミナル内に出国手続きや税関・検疫の臨時窓口を設置する要請が届いておらず奇異に感じていた。
「ハロー・・・何、自衛隊のヘリコプターが・・・・緊急着陸か、違うって・・・」その時、机の上の固定電話が鳴り、取った関西空港支社長の返事を聞いて管理担当者は背後の大窓から外を見た。すると市街地上空を同じ大阪府内の八尾駐屯地で見ることがある陸上自衛隊のUHー1多用途ヘリコプターが低空を接近して来ていた。ヘリコプターは両側の扉を全開にして中では隊員が小銃を構えている。管理責任者の呆然とした顔に気づいた支社長も電話を切ると振り返って唖然とした。
「今度は中国機が脱出シューターを展開したッ」UHー1が着陸するように高度を下げてエプロンの端に駐機している2機の中国の大型旅客機の横をタイヤで走るように通過すると間もなく4カ所のドアが一斉に開いてビニール製の滑り台を展張したのが見えた。
「警察が自衛隊の出動を要請したのか」「政府は外国人の目に触れる国際空港には自衛隊を配置しないと言っていますが」今回の事態に部外者扱いされている関西空港支社長と管理責任者が話し合っていると中国機の機内から小銃を持って完全武装した兵士たちが脱出シューターを迅速に滑り降り始めた。
  1. 2023/11/13(月) 16:27:49|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<11月13日・岡崎城代・石川数正が豊臣側に出奔した。 | ホーム | 11月12日・林敬三初代統合幕僚会議議長の命日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/8798-cc0bc036
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)