fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

やはり岸田内閣の支持率20パーセント台は適切だろう。

バブルの狂乱景気で過剰投資を続けて崩壊直後に倒産した長期信用銀行出身だけに経済音痴でまともな首相は創設者の池田勇人首相と大平正芳首相くらいしかいない宏池会の領袖だけに政治的センスも持ち合わせていないらしい岸田文雄首相の政権の支持率が30パーセントを切って調査の度に低落の一途を辿っています。マスコミの喧伝と好意的調査手法による圧倒的支持率で成立した民主党政権の歴代内閣も退陣前には10パーセント台まで落ちていましたから驚くほどの数字ではないでしょう。
野僧が航空自衛隊に入隊した時は宏池会の鈴木善幸首相でしたが大学の反体制派の友人たちには賛同しなくても元社会党の鈴木首相は存在すること自体に腹に立って教育隊の座学で「内閣総理大臣が自衛隊の最高指揮官」と教えられて「鈴木善幸に死ねと命ぜられれば死ななくてはいけないんですか」と区隊長に質問してしまいました。幸いなことに第1術科学校に入校中だった11月27日に「死ねと言われれば喜んで死にます」と言いたくなるような中曽根康弘首相に交代したため士気は大いに高揚しました。それにしても鈴木首相の持論「吼えるライオンよりも賢いハリネズミの防衛態勢」とは何なのでしょうか?
それからは中曽根政権が長期化して後継者としてはニュー・リーダーと呼ばれる竹下登氏、安倍晋太郎氏、宏池会の宮澤喜一氏の3人が順番待ちしていましたが、社会人向け雑誌などを読んでも「宮澤氏には政治力と人望がないので出番はなく先ず安倍氏、続いて竹下氏が満を持して首相になる。宮澤は首相にしてはいけない」と言うのが政治評論家たちの一致した見解でした。ところが安倍氏が1991年5月15日に膵臓癌で亡くなり、長期政権が期待された竹下政権はマスコミが煽り立てるリクルート疑惑で支持率が9パーセントまで下落して退陣に追い込まれると自民党の宮澤氏を外すための窮余の策だった宇野宗佑政権は女性スキャンダルで短命に終わり、クリーン・イメージだけの海部俊樹政権も湾岸戦争での内外の袋叩きに力尽きて1991年11月5日に日本凋落の元凶・宮澤政権ができてしまいましたが、予想通りに現実よりも教条主義を優先する宏池会的政治でこの国を奈落の底に引きずり込んでいきました。
先ず海部政権が湾岸戦争に自衛隊を派遣しなかったことで浴びせられた批判を挽回するために国際平和維持活動=PKOへの参加を決めましたが野党の反対に抗し切れずに安倍政権が2015年に全面改定するまでは国際軍事常識が違反になる欠陥法で自衛隊を紛争予備地帯に送り込んだのです。また外交ではソビエト連邦が崩壊したにも関わらず北方領土の返還を要求することもなく巨額の財政援助を与え、退陣5日前には朝日新聞が捏造した戦時売春婦=(いわゆる)従軍慰安婦に関する河野官房長官談話を発表しました。
岸田首相は宏池会と言う派閥を引き継いだだけでなく広島市を選挙区にしていることも宮澤首相と共通しています。広島大学は琉球大学と同様に反核=反戦平和を表看板にした反米反日親中親ロの政治思想を学生に刷り込んで中国地方の教職員やエリート階層にしていて広島のマスコミは極左偏向で支持者もその影響に晒されているため現職閣僚の谷川和穂防衛庁長官が落選した実例があり岸田首相も迎合せざるを得ないのです。
  1. 2023/11/18(土) 15:16:34|
  2. 常々臭ッ(つねづねくさッ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<続・振り向けばイエスタディ672 | ホーム | 続・振り向けばイエスタディ671>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/8811-a5b349e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)