fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

続・振り向けばイエスタディ675

「高仁智(ゴー・インジ)か・・・」それは知愛と学士士官の同期で衛生士官としてアフガニスタンに派遣されていた高仁智中尉(当時)だった。岡倉は反米親北朝鮮親中の政治姿勢を2代目ブッシュ政権に厳しく糾弾された盧武鉉政権が命じられるままに派遣した韓国軍衛生医療部隊の実情の調査を依頼された上層部の指示でアフガニスタンに潜入して診療所を管理する小隊長だった高中尉と出会った。しかし、高中尉は知愛と同じくカソリック系大学を卒業した敬虔な信者なのでアフガニスタンに対するアメリカとヨーロッパの侵略を中世の十字軍と同一視していてキリスト教が邪教であるイスラム教を制圧したと思い込んでいた。そのため入院患者を改宗させるべくイスラムの戒律を全面否定してカソリックの生活習慣を強要していた。それが帰国後に問題になり、法務士官だった知愛が軍事裁判の次席検事として断罪したことは聞いている。
「それでは貴女に主のご加護がありましように。アーメン」「アーメン」義父は顔の前で立てた手を振って質問に答えると高仁智との対話を続け、最後に頭に手を置いて祈りの言葉をかけた。それに高仁智も神妙に答えた。岡倉は道を開けるため出入り口から狭い聖堂の隅に移動したが高仁智は寺で言えば本尊の位置にある十字架のイエスの遺骸の像の前に跪いて祈りを捧げた。この様子では異教徒である自分と結婚して信仰にも肩の力が抜けた知愛とは逆に身も心もカミに捧げ尽くしているのかも知れない。
それにしても高仁智が信仰しているのがカソリックで良かった。これが韓国の異端のキリスト教系教団の統一教会であれば「女性は教主に抱かれることで人間としての原罪が消滅する」を教義にしているので順番が回ってこなければ「抱いて、抱いて」と押しかけて代理の教団指導者や古参信者に投げ与えられかねない。
「彼女は」「陸軍の高仁智少佐だよ」高仁智が立ち上がって歩き出すと義父も寄り添って話しながら出入り口に来て閉まっていたドアを開けた。聞こえてきた話の内容は義父がガラス窓に貼ったステンド・グラス風のシートについてで高仁智は宗教画でないことを残念がっていた。義父としてもヨーロッパの大聖堂のように荘厳な宗教画で飾りたかったはずだが貧乏な教会では市販品を探すだけで精一杯だったのだろう。
「今は安養市の駐屯地の衛生隊で勤務しているんだが実家はこの近くなので子供の頃から通っていたこの教会に時々訪ねてくれるだよ」「真剣に祈っていましたから何か悩みがありそうですね」「彼女も軍務と信仰の問題で苦労したみたいだから主にすがりたい気持ちになることもあるんだろう」義父の口ぶりでは高仁智と知愛の関係については知らないらしい。日本では神社や寺院の行事に村人が集まると噂話が大盛況になり、聞き役の神職や坊主は氏子や檀家の家庭内の裏事情にまで精通することになる。その点、カソリックの聖職者は罪を懺悔する「告解の秘跡」を勤めるため個人情報の秘匿は極めて厳格で不用意に第三者の岡倉に漏らすような落ち度は踏まない。
「軍人さんですか。ウチにもOGはいますが最近は表情まで優しくなって友達に元軍人、元少佐と言っても信じてもらえなくなりました」「それは君の優しく柔らかい愛に包まれているからだよ」岡倉の説明を義父は神父として理解した。ただし、一件だけ誤りがあるのは日本人としてニューヨークで暮らしている知愛がつき合っているのは日本人や日系人が大半なので「フォーマー・ミリタリー・パーソン」と言えば元自衛官になってしまい常に殺気立っている韓国の軍人とはかなり印象が違う。知愛も本間郁子2佐や松山裕実1曹に会っても身構えることなく親しい友人としてつき合っている。そんな国民に親しまれている自衛隊経験者にも見えないと言うことは完全に殺気が抜けてしまったことになり、それが岡倉の優しく柔らかい愛のおかげなのかには自信がなかった。むしろ「身元を隠す上でも有益なはずだ」と考えた岡倉にはやはり殺気が残っている。
「現役の軍人か・・・」義父との用談を終えて知愛からの布施で買ってきたらしい材料で神父自ら腕を揮った教会料理を味わうと岡倉は教会を後にした。
キリスト教では味覚と言う快楽に溺れることを罪とするプロテスタントに比べてカソリックでは食材をカミが与えた恵みと考えて最高の料理にする努力を惜しまない。日頃、義父の食事が日本の禅寺並みに粗食なのは材料が買い揃えられないだけらしい。
韓国軍イメージ画像(中尉時代)
  1. 2023/11/22(水) 15:46:06|
  2. 夜の連続小説9
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<11月23日・大失敗したエジプト航空機ハイジャック事件 | ホーム | 11月22日・ラヴェルのボレロが初演された。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/8818-0ee642db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)