fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

大阪万博を中止するには青島幸男が必要なのか?

完全な失敗で前回=昭和39(1964)年の東京オリンピックの誇らしい記憶に泥を塗った2021年の東京国際運動会に続いて昭和45(1970)年の大阪万国博覧会にまでケチをつけそうな大阪・関西万博の開催が1年に迫る中、慢性的な人手不足によって請け負う建設会社が見つからず円安による輸入材料の高騰に建設資材の価格も連動し、さらに地震国・日本の極めて厳格な建築基準などから独自のパビリオンの建設を諦めて参加を辞退する国が増えています。これに対して主催者側は巨大なビルを建設して複数の国の展示場として共同使用する案を提示しましたが現時点で反応はないようです。やはり世界各国は共産党中国の細菌兵器=新型コロナ・ウィルスへの対応で巨額の予算を失っているので余計な事業は遠慮=節約したいのでしょう。
さらに大阪・関西万博の「多様な価値観が1つの輪になってつながる万博の理念に根差している」と言うシンボル的施設である木造の巨大な屋根・リングについても立憲民主党が「終了後に撤去するにしては建設費が巨額で完全な無駄遣いだ」と批判を始めました。主催者側は「会場に残すか、移設することも検討する」と回答しましたが、博覧会終了後は会場を更地にして工場を誘致する予定なので1周約2キロの幅30メートル、高さ12から30メートルの屋根を残すことは不可能で、日本伝統的工法の建築物を解体して新たな場所へ移設するにしても用地の確保、解体と再組み立ての工事費、輸送費が追加で必要になり予算の無駄遣いに変わりはありません。
この事態で思い出すのは東京都が1996年3月26日から10月13日まで開催を予定していた世界都市博です。当時の鈴木俊一都知事は就任して2期目=7年後に始まったバブルの狂乱景気と自治省や通産省の画策で大半の企業の本社を移転させた巨額の法人税の増収で美濃部亮吉前都知事の職員労組の顔色を覗って異常な好待遇を与え、人気取りに公共サービスの無償化と手当てのバラ撒きで生じた財政破綻の立て直しに成功した自分への褒美として自治省の官僚時代に大阪万国博覧会の事務総長理事を務めた際、首都圏での開催を主張しながら政府に「オリンピックと万博を東京に独占させれば大阪で選挙に勝てなくなる」と却下された鬱憤を晴らすべく東京での万国博覧会を企画したのです。
しかし、85歳で終える4期目の在任中の万国博覧会の開催地は決まっていて国家ではなく世界の都市を招聘する「世界都市博」をバブル期に埋め立てた台場・青海・有明地区の臨海副都心で開催することで妥協したのです。ところが1992年にバブル景気が崩壊すると日本全体の経済は一気に下降して臨海副都心に進出を予定していた企業の計画撤回が相次ぎ、マスコミが一斉に派手なイベントへの批判を扇動し始めました。
それでも鈴木都知事は開催を強行しようとしましたが後任を決める都知事選挙で「世界都市博の中止」だけを公約にする青島幸男(敬称・肩書不要)が当選したことで断念したのです。当時、野僧は目黒基地に入校していましたが世界都市博の賛否の投票のようでした。
青島幸男はそれ以外の行政は無能極まりない最悪最低の都知事でしたから大阪はその轍を踏まぬように誘致した者の責任で辞退を決断してもらいたいものです。
  1. 2023/11/26(日) 14:51:57|
  2. 時事阿呆談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<続・振り向けばイエスタディ680 | ホーム | 続・振り向けばイエスタディ679>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/8827-9a819864
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)