fc2ブログ

古志山人閑話

野僧は佛道の傍らに置き忘れられた石(意志)佛です。苔むし朽ち果て、忘れ去られて消え逝くのを待っていますが、吹く風が身を切る声、雨だれが禿頭を叩く音が独り言に聞こえたなら・・・。

自称=無頼派作家・伊集院静さんの逝去を悼む。

11月24日に我々の世代には美人女優の夏目雅子さんと篠ひろ子さんと結婚したことで一身に羨望(嫉妬?)を受けていた作家の伊集院静さんが73歳で亡くなったそうです。
伊集院さんは山口県防府市出身で野僧が曹候学生の卒業課程から教育班長として勤務していた時に行きつけにしていたスナックは姉上が経営していて(2度目の時は駅の高架工事で立ち退きになってしまい閉店して移転先は判りませんでした)、野僧が週刊文春に連載していたエッセー「二日酔い主義」の愛読者であることが判るとサイン入りの単行本をくれて姉の目で見た口述伝記を語ってくれました。ただし、その本は「貸してくれ」と頼まれて貸した空曹がまた貸しを繰り返している間に所在不明になりました。第1教育群では様々な手口で野僧が著者から贈られたサイン入りの本を5冊以上奪われています。
また野僧が夏目雅子さんのファンだと判ると本人が座っている席に座らせてもらいまって尻合いになりましたが、流石に「専用のグラスで飲ませて使わせてくれ=関節キッスをさせてくれ」と頼んでも断わられました。さらに雅子さんが亡くなって「墓参りをしたい」と申し出ると野僧が本当の坊主なのを知っているママさんは菩提寺と墓碑に刻まれている本名の姓を教えてくれてファンとして菩提を弔うことができました。それにしても雅子さんの東京での葬儀は実家の小達家の日蓮宗で行われて戒名が付けられていましたが菩提寺は曹洞宗なので別の戒名が刻まれていました。
そんな姉上との交流が中隊で知られる小中学校の同級生と言う班長がいて伊集院さんのことを「忠来=ちゅらい・韓国語読みではチュンレ・日本語名はタダキ」と本名で呼びながら姉上とは違う切り口の口述伝記を語ってくれました(多くは「二日酔い主義」に書かれていた逸話が事実であることの証言になった)。その班長の話では伊集院さんは父親が日本に移住してきた在日韓国人で元々は「趙」姓だったそうです。子供の頃から野球が上手く姉=ママさんが読売巨人の投手と結婚したため(後の離婚している)プロ野球選手を目指すようになり、上京した折に長嶋茂雄選手から「立教大学へ行け」と勧められたので立教大学文学部日本文学科に進学して野球部に入部しました。ところが肘を壊したため野球は断念して文学を真剣に学び、卒業後は広告代理店のCMプロデューサーとして活躍して1度目の結婚をして2児を儲けながら離婚しています。この頃に資生堂の「Oh・クッキーフェイス」のCMに出演した夏目雅子さんと知り合って不倫関係になっていました。
その後はプロデューサーとしての幅を広げながら雑誌にエッセーを寄稿するようになり、昭和56(1981)年に文学雑誌で「皐月」を発表して作家デビューすると次々に話題作を執筆して1991年と2002年に吉川英治文学賞を2回、1992年に直木三十五賞=いわゆる直木賞、1994年に柴田錬三郎賞、2014年に司馬遼太郎賞を受賞して2016年には紫綬褒章も受章しました。
「二日酔い主義」では酒や競馬、競輪などのギャンブルと麻雀やパチンコの博打にも目がないと放蕩無頼を気取っていましたが、団塊世代の日本人よりも筋を通す東洋的な美意識を感じて敬意を抱いていました。心より冥福を祈ります。墓参できないのが残念です。
  1. 2023/11/27(月) 16:54:04|
  2. 追悼・告別・永訣文
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<続・振り向けばイエスタディ681 | ホーム | 続・振り向けばイエスタディ680>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://1pen1kyusho3.blog.fc2.com/tb.php/8829-0a3beaf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)